Login now

Not your profile? Login and get free access to your reports and analysis.

Tags

Sign in

No tag added here yet.
You can login on CircleCount to add some tags here.

Are you missing a tag in the list of available tags? You can suggest new tags here.

Login now

Do you want to see a more detailed chart? Check your settings and define your favorite chart type.

Or click here to get the detailed chart only once.

Tetsuya Kitahata has been at 1 events

HostFollowersTitleDateGuestsLinks
Markus Wiehemeier5,447October is over... Browse you photo collection and post the best of this month here... Everything is allowed as long as it matches the google-terms. There are only 3 Photos per photograper admitted. The best photographers I'll summerize after the event in a circle and share to public. Der Oktober ist vorbei... Durchsucht eure Fotosammlung und postet hier eure besten Fotos des Monats. Es ist alles erlaubt, was den Google-Bedingungen entspricht. Es sind max. 3 Fotos pro Fotograf zugelassen... Die besten Fotografen werde ich nach Ende des Events in einem Kreis zusammenfassen und öffentlich teilen. have fun / Viel Spaß @105711851939357909977 Top Photos of October 20122012-11-04 12:00:0014  

Shared Circles including Tetsuya Kitahata

Shared Circles are not available on Google+ anymore, but you can find them still here.

Activity

Average numbers for the latest posts (max. 50 posts, posted within the last 4 weeks)

0
comments per post
0
reshares per post
1
+1's per post

924
characters per posting

Top posts in the last 50 posts

Most comments: 7

2015-02-06 00:27:02 (7 comments, 0 reshares, 3 +1s)Open 

ビザの関係で、ラオス国のビエンチャンのホテルにいます。すごい、ここ、日本語IMEが入っていますよ。。。しかもMSで。Google IMEではなく。需要の関係?(笑)
さて、ラオスは初めてですが、日本の影響力が及んでいる国とは思いませんでした。美容系で、若干、韓国(というか、早い話、「少女時代」(笑))が入っているなと。ホテルの近くに、日本の物品専用の中古販売の店がありました。すぐ近くに小中学校。女の子たち、HONDAバイクをまたにして颯爽と運転しています。ここら辺を含めて、ベトナムに極めて近い雰囲気の国だなと思いました。経済的な影響力、文字等の影響力等はタイ王国、雰囲気等の影響力はベトナム、という感じの国ですね。もちろん、中国の影響力は東南アジアはどこでも強い。
ミニマートが主力の国でもあります。セブンイレブンないですね。ミニマートという表現は、シンガポールと同じかな。誰も指摘していないと思いますが、こことタイ王国あるいはベトナム国との最大... more »

Most reshares: 7

posted image

2015-05-03 06:38:03 (2 comments, 7 reshares, 10 +1s)Open 

"Japan" in Indonesia (Bandung, Java, Indonesia)

Most plusones: 13

posted image

2015-06-05 04:27:13 (0 comments, 0 reshares, 13 +1s)Open 

3G quá chậm
Hay là g bị ốm vậy?

Latest 50 posts

2015-06-21 07:32:21 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

寄附用に今求めているもの
石鹸、洗剤、歯磨き、シャンプー、生理ナプキ... more »

寄附用に今求めているもの

石鹸、洗剤、歯磨き、シャンプー、生理ナプキン、食器、調理器具(スプーン、フォーク、ナイフ、カップ、皿、包丁、まな板、鍋、フライパンなど)寝具(布団、毛布、枕、シーツ)バスタオル、カーテン生地、アルカリ乾電池(単三、単四 新品のもの)、壁掛け時計、懐中電灯、体温計、血圧計など(電池で駆動する電化製品)運動靴(白くて他の色の模様が入っていないもの)、色ガムテープ(粘着テープ)、修正液、ハサミ、ホッチキス、黒か青のボールペン、水彩絵具、バッグ(ナップサック、旅行バッグのようなもの)、スポーツ用品(サッカーボール、バレーボール、ピンポンボールなど) DVD,CD、鉛筆、割りばし、箸。___

posted image

2015-06-05 04:27:13 (0 comments, 0 reshares, 13 +1s)Open 

アオザイ娘

3G quá chậm
Hay là g bị ốm vậy?___アオザイ娘

posted image

2015-06-05 04:26:58 (1 comments, 0 reshares, 8 +1s)Open 

アオザイ娘・・・かわいい・・・

ÁO DÀI KIỂU MỸ.

Một anh chàng người Mỹ, đành giã từ cô vợ mới cưới để sang VN công tác. thấy phụ nữ VN mặc áo dài thật là thướt tha, duyên dáng quá, anh quyết định tìm thợ may giỏi để may tặng vợ nhân ngày sinh nhật. 
Một tuần sau anh nhận được thư vợ:
- Anh yêu, em đã nhận được món quà sinh nhật của anh, thật là tuyệt vời, và em đã mặc nó ngay vò buổi tiệc sinh nhật để khoe với mọi người. Anh biết không? bạn bè em ai cũng khen đẹp, chỉ có điều...một số người bảo là hơi bị sexy...
Chết rồi, anh chàng chợt nhớ ra là gửi áo dài cho vợ mà quên gửi quần...___アオザイ娘・・・かわいい・・・

posted image

2015-05-14 21:26:47 (0 comments, 0 reshares, 6 +1s)Open 

Gili islands trip.in Indonesia


Gili islands trip.in Indonesia
___

posted image

2015-05-03 06:38:03 (2 comments, 7 reshares, 10 +1s)Open 

"Japan" in Indonesia (Bandung, Java, Indonesia)

"Japan" in Indonesia (Bandung, Java, Indonesia)___

posted image

2015-05-03 05:56:36 (1 comments, 0 reshares, 7 +1s)Open 

Children in Indonesia (Bandung, JAVA, Indonesia)

Children in Indonesia (Bandung, JAVA, Indonesia)___

posted image

2015-04-21 05:02:40 (0 comments, 0 reshares, 7 +1s)Open 

Vietnamese, Kawaii (Vietnam)

Vietnamese, Kawaii (Vietnam)___

posted image

2015-04-21 05:01:29 (0 comments, 0 reshares, 10 +1s)Open 

Vietnamese, Kawaii (Sa Pa, Vietnam)

Vietnamese, Kawaii (Sa Pa, Vietnam)___

posted image

2015-04-21 04:59:51 (1 comments, 0 reshares, 6 +1s)Open 

Vietnamese, Kawaii (Sa Pa, Vietnam)

Vietnamese, Kawaii (Sa Pa, Vietnam)___

posted image

2015-04-21 04:59:08 (0 comments, 0 reshares, 5 +1s)Open 

Cave in Mai Chau, Vietnam

Cave in Mai Chau, Vietnam___

posted image

2015-04-18 09:10:53 (0 comments, 0 reshares, 4 +1s)Open 

スポットライト(アメーバ系)に寄稿しました。

スポットライト(アメーバ系)に寄稿しました。___

posted image

2015-04-18 08:33:43 (0 comments, 0 reshares, 9 +1s)Open 

ベトナム旅行記2
Journey inside Vietnam 2

ベトナム旅行記2
Journey inside Vietnam 2___

2015-04-18 06:53:12 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

___

posted image

2015-04-18 06:51:52 (0 comments, 0 reshares, 2 +1s)Open 

スポットライト(アメーバ系)に寄稿しました。

スポットライト(アメーバ系)に寄稿しました。___

posted image

2015-04-18 06:33:21 (0 comments, 0 reshares, 4 +1s)Open 

ベトナム旅行記1
Journey inside Vietnam 1

ベトナム旅行記1
Journey inside Vietnam 1___

posted image

2015-04-18 02:24:10 (0 comments, 0 reshares, 2 +1s)Open 

スポットライト(アメーバ系)に寄稿しました。このテーマは結構面白いですよ。参考書籍をいくつかちりばめたので、是非。無料のKindleもありますしね。

スポットライト(アメーバ系)に寄稿しました。このテーマは結構面白いですよ。参考書籍をいくつかちりばめたので、是非。無料のKindleもありますしね。___

posted image

2015-04-16 04:16:50 (0 comments, 0 reshares, 12 +1s)Open 

I am now in sa pa Vietnam.

I am now in sa pa Vietnam.___

posted image

2015-04-12 16:17:31 (2 comments, 0 reshares, 4 +1s)Open 

ベトナムっ子 ベトナム北部 マイチャウ近辺

ベトナムっ子 ベトナム北部 マイチャウ近辺___

2015-04-10 22:48:42 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

スポットライトに寄稿しました。

スポットライトに寄稿しました。___

posted image

2015-04-10 22:07:54 (0 comments, 0 reshares, 2 +1s)Open 

スポットライトに寄稿しました。この手の「告白」は疲れますが、まあ私は自分の人生と言うのが自分の為にあるだけだとも思っていないので。堂々と発信します。と言うか、それが私がかんがえる「意識が本当に高いグローバルエリートのやり方」。

スポットライトに寄稿しました。この手の「告白」は疲れますが、まあ私は自分の人生と言うのが自分の為にあるだけだとも思っていないので。堂々と発信します。と言うか、それが私がかんがえる「意識が本当に高いグローバルエリートのやり方」。___

posted image

2015-04-10 04:41:23 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

スポットライトに寄稿しました。

スポットライトに寄稿しました。___

posted image

2015-04-10 02:45:46 (0 comments, 0 reshares, 2 +1s)Open 

スポットライトに寄稿しました。

スポットライトに寄稿しました。___

posted image

2015-04-02 05:50:50 (0 comments, 0 reshares, 4 +1s)Open 

Princess Kako - Kawaii!!! (grin)

http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/01/princess-kako-icu_n_6989522.html

Princess Kako - Kawaii!!! (grin)

http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/01/princess-kako-icu_n_6989522.html___Princess Kako - Kawaii!!! (grin)

http://www.huffingtonpost.jp/2015/04/01/princess-kako-icu_n_6989522.html

posted image

2015-03-14 00:56:34 (1 comments, 0 reshares, 3 +1s)Open 

Tokyo Bay Fireworks Festival 2007 (August)
From 36th Floor at Minato-ku, Tokyo, JAPAN

Tokyo Bay Fireworks Festival 2007 (August)
From 36th Floor at Minato-ku, Tokyo, JAPAN___

2015-03-09 21:39:22 (1 comments, 0 reshares, 6 +1s)Open 

Slum Street activities in Bangkok, Thailand

Slum Street activities in Bangkok, Thailand___

posted image

2015-03-05 06:49:08 (2 comments, 2 reshares, 3 +1s)Open 

U.S. Ambassador Lippert attacked in South Korea

Do you, Americans, allow Korean people to do such absurd things? It is related to Korea-Japan problems regarding islands. But, in my humble opinion, Korean do not have right to attack American Ambassador ... What do you think?

U.S. Ambassador Lippert attacked in South Korea

Do you, Americans, allow Korean people to do such absurd things? It is related to Korea-Japan problems regarding islands. But, in my humble opinion, Korean do not have right to attack American Ambassador ... What do you think?___

posted image

2015-03-05 02:28:48 (0 comments, 0 reshares, 2 +1s)Open 

福島県双葉海水浴場
(因みに、震災前です。最も原発から近い場所 勿論現在は閉鎖)

福島県双葉海水浴場
(因みに、震災前です。最も原発から近い場所 勿論現在は閉鎖)___

posted image

2015-03-04 06:03:58 (0 comments, 0 reshares, 2 +1s)Open 

ビームラーオ・アンベードカル(インド憲法の父:ネルー内閣の法務大臣:不可触賤民/アンタッチャブル 身分出身) 曰く

「自分の社会哲学は 自由、平等、友愛であるが、これはフランス革命から学んだものではなく、わが師ブッダから学ん だものである」

(1954 年 10 月の全インド放送)

私は、宗教は、若年にのみ必要で、老年になるにしたがって無信教であるべき(無信教となるべき)だと考えています。然しながら、子供の頃から無信教であることは危険です。拠り所の無いアイデンティティの無い人間にしか育ちませんので、不安のみが増すだけとなるでしょう。
一般的に、凡人にとっては、宗教観を持っていない限り人生は成立しないのではないでしょうか。
因みに、私は、大丈夫(平気)です。心の拠り所は「自分の脳」ですので。老年になっても、無信教であってもなんとも思いません。そして、その方が私は健康だとすら思っています。大体、凡人から「南無阿弥陀仏とはなんぞや」なんてお説教くらったって、自分の信念(己の幸福は己の「眼と魂でのみ」見つける事が出来る)の方が絶対なので<私には>意味が無いです。ですので、私は無信教であるし、今後私が老年になるに従ってそれはハッキリするでしょう。膨大な教養は、どの宗教にも与しない強力な精神を修養するため。然し、宗教観は完全に仏教で彩られている事は事実と考えますし、それは幸せな事だと切に思っています。
そもそも、「宗教などと言うものは要らない」と、<見つける>(諦める)事が出来るのが、本物の宗教ではないでしょうか。そういう教えを組み込んでいる宗教こそが本物。然し、流行らない事は目に見えている。なので、成立しづらいし見つけづらい、と言うだけでありましょう。

人生に教えは必要... more »

ビームラーオ・アンベードカル(インド憲法の父:ネルー内閣の法務大臣:不可触賤民/アンタッチャブル 身分出身) 曰く

「自分の社会哲学は 自由、平等、友愛であるが、これはフランス革命から学んだものではなく、わが師ブッダから学ん だものである」

(1954 年 10 月の全インド放送)

私は、宗教は、若年にのみ必要で、老年になるにしたがって無信教であるべき(無信教となるべき)だと考えています。然しながら、子供の頃から無信教であることは危険です。拠り所の無いアイデンティティの無い人間にしか育ちませんので、不安のみが増すだけとなるでしょう。

一般的に、凡人にとっては、宗教観を持っていない限り人生は成立しないのではないでしょうか。

因みに、私は、大丈夫(平気)です。心の拠り所は「自分の脳」ですので。老年になっても、無信教であってもなんとも思いません。そして、その方が私は健康だとすら思っています。大体、凡人から「南無阿弥陀仏とはなんぞや」なんてお説教くらったって、自分の信念(己の幸福は己の「眼と魂でのみ」見つける事が出来る)の方が絶対なので<私には>意味が無いです。ですので、私は無信教であるし、今後私が老年になるに従ってそれはハッキリするでしょう。膨大な教養は、どの宗教にも与しない強力な精神を修養するため。然し、宗教観は完全に仏教で彩られている事は事実と考えますし、それは幸せな事だと切に思っています。

そもそも、「宗教などと言うものは要らない」と、<見つける>(諦める)事が出来るのが、本物の宗教ではないでしょうか。そういう教えを組み込んでいる宗教こそが本物。然し、流行らない事は目に見えている。なので、成立しづらいし見つけづらい、と言うだけでありましょう。

人生に教えは必要でも神の存在は要らない (Tetsuya K.)

さて

仏道とは必ず仏になることのできる道を歩み続けることである (Tetsuya K.)

一切衆生とともに救われていく路が平等に存在する。

マルクス主義が否定したのは神であり、宗教ではなかったはずです。と言うわけですので、中国やベトナム・ラオスに伝播した時に出来たのは(すべきだったのは)、神との契約を前提とした宗教の排除のみでしょう。仏教の排除に意味や価値はなく、却って有害としかなり得ていません。

ロシアは以前はアメリカと一緒でした。キリスト教国として全く同じ。マルクス主義は、神をベースにした宗教を廃止させようとしました。中国に入った時に、「本来は神との契約を唾棄すべきだというだけなのに」仏教を弾圧してしまった。ロシアは(ギリシャに由来のロシア)正教会を破壊した。そして、今のロシアとアメリカの対立は、無宗教国とキリスト教の対立、と言うだけになってる、と言う感じでしょう。(ロシア対アメリカ)

アメリカが恐れたのは、社会・共産主義と言うものではなく、マルクス主義の「神の偶像崇拝否定」の部分のみ。であるが故に、アメリカが偶像崇拝をそもそも(本来は)しない仏教国の社会・共産主義化を恐れるのは「場違い」です。(空気嫁!orz)

世界が抱える問題の解決策は単純ではないでしょうか。日本は仏教国になるべきでしょう(但し、異端を排除:基本的に、浄土宗・浄土真宗・池田教orz含めて、特定の人間の名前が出てくる異端は全て排除)。タイ王国やミャンマー辺りが大きな参考になります。そして、資本主義の多くの根源発想はキリスト教が生み出したものと認識する事。但し、仏教なりに「解釈」は可能なので、その「解釈」に勤しむべし。社会・共産主義は、実は、仏教には「マッチ」しています。ただ、マルクスが否定したものを「正しく解釈しなかった」為に、弾圧が起き、悲劇が起きていると割り切るべき。韓国は、相手にしない方が良いです。キリスト教の国と割り切るのがベスト。フィリピン共和国はキリスト教国ですので無視。中華人民共和国は、無信教の国になった事を前提にお付き合いすると良いのだと思います。(尚、中華民国は道教ですが、仏教とほゞ同一視しても影響はないと思います。台湾は大事な国- Taoは素晴らしい) 矢張り、一番大事にすべきは、タイ王国やミャンマー国だと思います。

イスラム教とは、仏教は仲良く出来ると思います。仏教徒がイスラム教をもっと知って、付き合い方を学べばいいだけでは無いでしょうか。ミャンマーがこれを出来たらベストでしょう。ヒンズー教の差別を通じて、仏教が出来ていると思えば、ヒンズーとの付き合いも楽になると思います。前掲のインドの憲法の父(法務大臣)は、アンタッチャブルから始まって、仏教に帰依しています。

平等とか、自由とか、そういう概念は、オリジナルで仏教が持っていて、キリスト教が「別用途で」注入した、と考えるのが良いのだと思います。なので、仏教徒は、スピノザあたりから始めて、その派生したものを、仏教風に「取り込めば」うまくいくと思います。

日本語の「自由」は結構曖昧であるのと、元々は「解放」であったり 「御免」 なんですよね。自由主義が言うのは「リバティ」。権利として英語化されているのは「フリーダム」。語源からして違います。尚、「自由」と言う単語はもともと仏教用語です。近代化された時の「当て字」。自らを拠り所とする、と言う様な意味合いです。例えば、服装を選ぶ云々で「選択の自由」と言うのはないと思います。もしそれを言うと、科学の放棄だと私は思いますね。「貴方と違うのよ」と見せつけたいという欲求を指して、自由とは言いません。オリジナルが仏教用語であることからしても、(仏教の袈裟等を考えるに)服装に関してはあまり考慮はされていなかったと思います。

個人的自由と経済的自由には、違いが有ります。経済的自由云々が資本主義と社会主義を分けています。私は、よく、ノーラン・チャートを使うのですが。合意形成の方法で出てくるのが「民主主義」。合意を一旦形成すれば、自由意思にかかわらず隷従するのが前提となっているので(隷従が伴わなければ、そもそも合意は形成されない)、日本語で言う「自由」とはちょっと違う意味合いも含まれるのかもしれません。

多くのキリスト教の信者が発見した、「科学」に基づく知見の結論は、結局言えば、仏教やそれに準ずるものの「構築」だと思います。キリスト教徒が「構造を発見」したものは、実は仏教では前からあった、と言う事は、本当に数多くあるのだと私は思います。キリスト教構造の一種である資本主義も、結局言えば、「帰依」はなく、経済的な「差別」にもがき苦しむだけの構造を利用して、欲を増加させ、人類をスポイルしている構造と言うだけではないでしょうか。

私は、どこにも「与する事は有りません」。 宗教に与しないからこそ自由、なのです。

例えば、神の存在を押し付けるキリスト教徒として「平等」や「自由」を唱えるのは、「傲慢」だと私は考えます。

他人を従わせる為に、信教を使うのは、邪悪の根源(Axis of Evil !!)。自己鍛錬と修養無くして、<幸せ>と<平等>と<世界秩序>は有りません。

畢竟、トマ・ピケティ氏が指摘しているのは、
「資本主義と言う名前を借りた、キリスト教の差別主義と強欲主義の傲慢と虚構」
に過ぎないとも言えなくはないでしょうか。

Peace.

注: 私は無信教(笑)___

posted image

2015-03-03 07:18:28 (0 comments, 0 reshares, 2 +1s)Open 

いいね!v

いいね!v___

posted image

2015-03-03 07:17:32 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

いいね!v

いいね!v___

2015-03-02 03:39:13 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

背任罪と英米法:グローバルなネット社会の齟齬
(アゴラにこのテーマは寄稿すると思うけど、少し時間かかるかも・・)
背任罪、日本の刑法だと、
第二百四十七条(背任)
Article 247. (Breach of Trust)
他人のためにその事務を処理する者が,自己若しくは第三者の利益を図り又は本人に損害を加える目的で,その任務に背く行為をし,本人に財産上の損害を加えたときは,五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
When a person who is in charge of the affairs of another, for the purpose of promoting his/her own interest or the interest of a third party, or inflicting damage on another, commits an act in breach of legal duty and causes financial loss to another, imprisonment with work for not more than 5 years or a fine of notmore than 500,000 yen shall be imposed.
辺りがあります。背任罪自体は、「大陸法体系」で、ドイツ法等にはありますが、英米法やイタリア刑法には有りません。背任行為(Breach of Trust)自体は、英語でも概念があるけど、ウィキペディアにも英語で「罪」が載っていないのはそういう理由。
フィリピン(アメリカ法の模倣です)に行って、色んなトラブル抱えたうちの大部分が、「背任罪」に関するものだと気づきました。多分、これは、「良識」「良心」の根本に潜む問題なのでは、と思うくらい、分かりやすく数回あります。要は、ホテルにモノを置いた状態で、その(ホテルの値段の)交渉を図ろうとするのが「当たり前」と思ってたりする類。私とかは、日本刑法熟知し... more »

背任罪と英米法:グローバルなネット社会の齟齬
(アゴラにこのテーマは寄稿すると思うけど、少し時間かかるかも・・)
背任罪、日本の刑法だと、
第二百四十七条(背任)
Article 247. (Breach of Trust)
他人のためにその事務を処理する者が,自己若しくは第三者の利益を図り又は本人に損害を加える目的で,その任務に背く行為をし,本人に財産上の損害を加えたときは,五年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。
When a person who is in charge of the affairs of another, for the purpose of promoting his/her own interest or the interest of a third party, or inflicting damage on another, commits an act in breach of legal duty and causes financial loss to another, imprisonment with work for not more than 5 years or a fine of not more than 500,000 yen shall be imposed.
辺りがあります。背任罪自体は、「大陸法体系」で、ドイツ法等にはありますが、英米法やイタリア刑法には有りません。背任行為(Breach of Trust)自体は、英語でも概念があるけど、ウィキペディアにも英語で「罪」が載っていないのはそういう理由。
フィリピン(アメリカ法の模倣です)に行って、色んなトラブル抱えたうちの大部分が、「背任罪」に関するものだと気づきました。多分、これは、「良識」「良心」の根本に潜む問題なのでは、と思うくらい、分かりやすく数回あります。
要は、ホテルにモノを置いた状態で、その(ホテルの値段の)交渉を図ろうとするのが「当たり前」と思ってたりする類。私とかは、日本刑法熟知しているので、「それ犯罪だろ!」と思うのだけど。そこに罪意識が0。そりゃトラブルになりますわ。私法でやれ、と言う発想なのでしょう。
実は、今(フィリピノとの間で)抱えている問題は、まさにコレ。「日本法を適用します」と言う英語を使っているのに、解っていない。罪の意識レベルで違うのであれば、そうなるわな。。。。orz
「経済活動での裏切りは長期的に国家に影響を及ぼす」と言う様な、自衛努力を超えた国家権力の発動と言う事。まあ、これがあるので逆にドイツや日本では安心して営業活動を出来たのもあって、それが、戦後の復興等にも大いに役立ったと言えないのだろうか。日本人が優秀、だからではなく、背任罪を含めた大陸法体系が経済活動全体にとっては優秀だった、と言う一例。
「長期的な関係」(Long Term Relationship)を前提にする付き合いには、「TRUST」は欠かせないのよ。その「TRUST」を、国家が保証するのは、理に適っていると思うのだけどな。実際に強い国を作ったのは事実なのだし。
因みに、タイ法も、大陸法体系です(刑法は)。
http://repo.lib.ryukoku.ac.jp/jspui/bitstream/10519/3545/1/KJ00004863086.pdf___

2015-03-01 13:08:14 (0 comments, 1 reshares, 3 +1s)Open 

フェイスブックで書いても、当事者が居たりするのでしょうがないし。・・・というわけでGoogle+
フィリピン人は、最悪だと思う。300人位セブで2か月で逢っているけど、本当に、「信用できる」人は居ない。信用できないと言うばかりでなく、平気で裏切り、人の時間を無駄にし、傷をつける。そして、「イマジネーション」がないのだ。ヒトに対する関心が無いのだろうな。
私は、経営もやっているので、人の嘘は見抜けます。一発で解ることだってあるよ。女性であろうが騙される事は無いです。パターンが一緒だ。東大卒をなめるな!大体さ。YESかNOでしか答えられない疑問文の英語を出して、違う文章で誤魔化すなんて有り得るか?英語力大丈夫かよ?正しい英語を使って下さい。
更に、フィリピン人と結婚したりNGOとなってフィリピンに行った人間(外国人)も結局同じ。彼らに感化され、同化して、アホになる。
「思いやり」の心を持って、誠心誠意、フィリピン人と接した。私が居た2か月。そして、300人すべてに裏切られた。私は、「フィリピン人はIDIOT!」と言った。そして、「Don't generalize!」と言われた。300人と言うのは立派な統計です。では、何人のフィリピン人に逢えば、IDIOT「以外」と私は出会えるとでも??警察にも、バンガロイ長にも、医師にも、銀行員にも、市役所の人間にも、様々な部類の人間とセブで逢っています。そして、皆、一緒でした。
You all are the SHAME of the WORLD, FILIPINOS!... more »

フェイスブックで書いても、当事者が居たりするのでしょうがないし。・・・というわけでGoogle+
フィリピン人は、最悪だと思う。300人位セブで2か月で逢っているけど、本当に、「信用できる」人は居ない。信用できないと言うばかりでなく、平気で裏切り、人の時間を無駄にし、傷をつける。そして、「イマジネーション」がないのだ。ヒトに対する関心が無いのだろうな。
私は、経営もやっているので、人の嘘は見抜けます。一発で解ることだってあるよ。女性であろうが騙される事は無いです。パターンが一緒だ。東大卒をなめるな!
大体さ。YESかNOでしか答えられない疑問文の英語を出して、違う文章で誤魔化すなんて有り得るか?英語力大丈夫かよ?正しい英語を使って下さい。
更に、フィリピン人と結婚したりNGOとなってフィリピンに行った人間(外国人)も結局同じ。彼らに感化され、同化して、アホになる。
「思いやり」の心を持って、誠心誠意、フィリピン人と接した。私が居た2か月。そして、300人すべてに裏切られた。私は、「フィリピン人はIDIOT!」と言った。そして、「Don't generalize!」と言われた。300人と言うのは立派な統計です。では、何人のフィリピン人に逢えば、IDIOT「以外」と私は出会えるとでも??
警察にも、バンガロイ長にも、医師にも、銀行員にも、市役所の人間にも、様々な部類の人間とセブで逢っています。そして、皆、一緒でした。
You all are the SHAME of the WORLD, FILIPINOS!___

2015-03-01 13:01:41 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

私は、子供見たら、大体、「勉強しなさい」と言ってしまいます。条件反射だ、しゃーない(笑)。まあ、実は、「勉強しろ」と言われる意味もないし、言う必要もないと思うのですけど。
ただ、「勉強しろ」と言われて「お前に言われなくてもしてるよ!」と、反論できない位であれば、真の意味で「勉強」をしているとは言えないと思うのです。
今の殆どの子供たちは、「これから勉強します」と<誤魔化す>だけではないかな?私は、親から勉強しろと言われたことは皆無です。が、もし当時言われていたなら「貴方の方が、私より勉強しなさい!」と言いかえせる自信はあったけどな!毎日、アニメのビデオを見まくったり、ファミコンやセガばかりやっていた気もするのだけど。一晩かけてドラゴンクエストをクリアしたら、その次は勉強してたしな。。。そういうバランス感覚は人生で大事。... more »

私は、子供見たら、大体、「勉強しなさい」と言ってしまいます。条件反射だ、しゃーない(笑)。まあ、実は、「勉強しろ」と言われる意味もないし、言う必要もないと思うのですけど。
ただ、「勉強しろ」と言われて「お前に言われなくてもしてるよ!」と、反論できない位であれば、真の意味で「勉強」をしているとは言えないと思うのです。
今の殆どの子供たちは、「これから勉強します」と<誤魔化す>だけではないかな?私は、親から勉強しろと言われたことは皆無です。が、もし当時言われていたなら「貴方の方が、私より勉強しなさい!」と言いかえせる自信はあったけどな!
毎日、アニメのビデオを見まくったり、ファミコンやセガばかりやっていた気もするのだけど。一晩かけてドラゴンクエストをクリアしたら、その次は勉強してたしな。。。そういうバランス感覚は人生で大事。___

2015-02-28 01:02:53 (0 comments, 0 reshares, 2 +1s)Open 

「教育」と言うものは、非常に大事だと思います。「教育」と言うより、「ラーニングの援助」なのですが。まあ、発展途上国でその分類をするのは難しいとも言えるので、取り敢えず「教育」。
教育によって、「貧困」はかなり救えると思っています。教育は、「どうすれば」リッチになれるか、を教えてくれることもあるでしょう。然し、私が考える「最も大事な事」と言うのは、教育を通じて、「何故」、貴方が、「リッチになる資格があるか」を学習できるから、と言うその一点にあるのだと思っています。人を騙す事、と言うのは、良くない事です。フィリピンくらいの国であれば、人を騙すことによって、一時的にリッチになる事も出来るでしょう。然し、永続は決してしません。
マインドセットがプア(Poor)であれば、貧しいままです。そして、例え、うわべだけの教育・学習で一時的にリッチになっても、人を騙して平気で居られる「心が貧弱」な人であり続ければ、いずれは破たんするでしょう。
教育に必要なのは(慈悲にも言えますが)、「施しを与える事」ではなく、寧ろ、「(過度にならない自分に相応しい)自信や尊厳を植え付ける事」。尊厳と言うアイデンティティの無いグローバルな人材は、ハッキリ言えば、みっともない。日本の教育に道徳を、と昨今言われていますが、それは違うと思います。大事なのは、大人の教育の方でしょう。「子供をどう教育すべきか」と言うのも、社会でシェアすべき立派な教育です。「まがいもの」を見たらどう対処すべきか、であるとか、大人が学んでいないけれども人生で大事な事が、学びきれていない人は多いのだろう... more »

「教育」と言うものは、非常に大事だと思います。「教育」と言うより、「ラーニングの援助」なのですが。まあ、発展途上国でその分類をするのは難しいとも言えるので、取り敢えず「教育」。
教育によって、「貧困」はかなり救えると思っています。教育は、「どうすれば」リッチになれるか、を教えてくれることもあるでしょう。然し、私が考える「最も大事な事」と言うのは、教育を通じて、「何故」、貴方が、「リッチになる資格があるか」を学習できるから、と言うその一点にあるのだと思っています。
人を騙す事、と言うのは、良くない事です。フィリピンくらいの国であれば、人を騙すことによって、一時的にリッチになる事も出来るでしょう。然し、永続は決してしません。
マインドセットがプア(Poor)であれば、貧しいままです。そして、例え、うわべだけの教育・学習で一時的にリッチになっても、人を騙して平気で居られる「心が貧弱」な人であり続ければ、いずれは破たんするでしょう。
教育に必要なのは(慈悲にも言えますが)、「施しを与える事」ではなく、寧ろ、「(過度にならない自分に相応しい)自信や尊厳を植え付ける事」。尊厳と言うアイデンティティの無いグローバルな人材は、ハッキリ言えば、みっともない。
日本の教育に道徳を、と昨今言われていますが、それは違うと思います。大事なのは、大人の教育の方でしょう。「子供をどう教育すべきか」と言うのも、社会でシェアすべき立派な教育です。「まがいもの」を見たらどう対処すべきか、であるとか、大人が学んでいないけれども人生で大事な事が、学びきれていない人は多いのだろうと思いますね。そもそも、「道徳を!」と言う貧弱な発想にしかならない、その「貧弱さ」を克服する為の、矢張り大人教育は必要だと思うのだけどな!!___

2015-02-26 07:21:31 (1 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

Dear Angela Fermin

This is Tetsuya Kitahata - A Japanese business person as you know. I feel very sad to know that you quit friendship with me on Facebook. Anyway, I know what you, Lilla Fermin (Your grandma), and other adults around you - had done.

I arrived at Cebu City, on September - and thought that I would live in the Philippines at least 10 years. However, 2 months had passed and I found that I experienced a lot of betrayals and cheats from Filipinos in Cebu. I am a typical Japanese person with brightest knowledge upon legal things of not only Japanese but also all the world. Of course, I knew that there should be a difference of the attitudes towards life between Japanese persons and Filipinos. But, the result was very shocking. That is why I have decided to move from the Philippines not 10 years but only 2 months.

I saw a girl at the apartment in Mandaue City on... more »

Dear Angela Fermin

This is Tetsuya Kitahata - A Japanese business person as you know. I feel very sad to know that you quit friendship with me on Facebook. Anyway, I know what you, Lilla Fermin (Your grandma), and other adults around you - had done.

I arrived at Cebu City, on September - and thought that I would live in the Philippines at least 10 years. However, 2 months had passed and I found that I experienced a lot of betrayals and cheats from Filipinos in Cebu. I am a typical Japanese person with brightest knowledge upon legal things of not only Japanese but also all the world. Of course, I knew that there should be a difference of the attitudes towards life between Japanese persons and Filipinos. But, the result was very shocking. That is why I have decided to move from the Philippines not 10 years but only 2 months.

I saw a girl at the apartment in Mandaue City on November 2014, 16 years old at that time. I heard that she is a university student near the apartment. In Japan, from 18 yrs. old students can enter university. I thought that she is genius. (Later, I found I was wrong) I handed her Android Tablet, Legal books (constitutional laws and so on - six books plus alpha) and so on for her study. I handed to Lilla Fermin 6,000 PHP for advanced payments of the room of the apartment – I thought that the money will be a help for her study and current lives / cell phone payments for example. We contracted the room of the apartment. Rooms were fully occupied, but I heard that Ms. Rhayeou Son and Mr. Arnado Rogie will move from the room on Dec. 4th. I told the situation that I wanted to deposit my bags for a while in peaceful way. So, I created contract. Only one thing I was afraid of is the manner of Filipinos. I know how Filipinos cheat us, foreigners - I experienced a lot for 2 months. I wrote that the contract was governed by Japanese laws in English.

That girl was ---- you.

I moved from Cebu on 18th Nov. 2014, my 40th birthday, and visited Singapore for three days. After that, I went to Vietnam (Hanoi) for two weeks and I came to Bangkok, on December. At that time, I thought that I can come back to Cebu around Feb. or Mar. I thought that Ms. Son and Mr. Arnado get out from the room on 4th Dec. of course. I said they can stay there AS LONG AS they keep keen eyes towards my bags. Never told them that it is FOR FREE. Permission it was, not a kind of the right Mr. Son can insist.

I decided to settle in Bangkok, at last - early on January.

I transfer my money from Japanese bank to PNB check account. I had a debit card of it, so I thought that I could use debit card. The fact is no (I had to set up internet bank account). So, I decided to tell to Lilla Fermin not to use checks which I gave her 3 pieces of checks for a while. I wrote about it to your (Angela's) Facebook Messenger. However, you (Angela) did not reply. The matter was worse, you cheated me with trick. Hidden the timestamps.
I am now asking to Japanese bank and PNB to cancel (withdraw) the bank transfer made, but now it seems there is trouble. Unfortunately, I lost my cell phone (iPhone) in Bangkok (stolen by Pakistani on December), so, PNB bank could not contact me via the cell phone. The matter was worse, Lilla Fermin perhaps has withdrawn the checks (used the checks) already, despite of the fact that I asked you (Angela) to stop before the date of withdrawal.

The problem is that Ms. Son is using that room without paying anything. Do you think it is good for the education of children? If you want to live some apartments, you have to pay to someone. Of course. World Wide Common Sense. If adults (of Filipinos) do not pay anything, and children will know about it, children for sure think that they want to cheat foreigners and want to become rich without labors, without payments, only doing karaoke, basketballs at the court near the apartment for example. Do you think such attitudes can LEAD the nation of the Philippines to GOOD country in ASEAN?

Ms. Son behave a bad attitude to me. So, I decided to claim 9600 PHP for re-rent. If I were not there, she had to pay at least 15,000 PHP (3,000PHP * 5) to Lilla Fermin.

Plus, I declared about penalty 1,000 PHP per day from 25th Feb., as long as she stays there. They have no right to stay in the room, of course, because I rental from Lilla Fermin that room - as contract tells. If they say Lilla Fermin and Ms. Son contracted, then Dual Contract Issue - Lilla Fermin will be punished by me, as a result - because I have a right to re-rent to the others (third party) with 1,000 PHP per day, for example.

AGAIN, Filipino adults are not good. And children are learning how to cheat foreigners and other adults, and such attitudes make the Philippines bad country, I am sure.


Anyway, I feel very disappointed by the fact that you (Angela) suddenly quit friendship with me without any notice. IF you want to pride yourself, please do. But - as you can imagine, you Filipino will be disdained by other ASEAN nations forever. Your nation will be a SHAME of ASEAN!!

I asked to my friend - Japanese - whether Angela can do part-time job as English teacher. I suggest Angela to contact to Japanese gentleman, who is a CEO of Japanese company (IPO-ed in Tokyo Stock Exchange - he is really famous). You neglected me. You made a bad influence to relationship between me and him (Mr. Kato) - Hope that you can understand that your attitudes towards adults may cause bad influence to the relations of the others.

I know that you are now poor. OF course, I hope that you can endure, However, I can say right now is that you have only POOR HEART, sadly speaking. You must have HEART of the rich.

Hope that I can hear from you via Short Message, e-mail or something.

Hope you can overcome your poverty, and can lead the nation of the Philippines to the right direction.

Yours Sincerely,

Tetsuya Kitahata

28th February, 2015___

posted image

2015-02-18 00:26:26 (0 comments, 0 reshares, 6 +1s)Open 

Tetsuya (40 yrs old :D

Tetsuya (40 yrs old :D___

posted image

2015-02-17 23:58:20 (0 comments, 1 reshares, 3 +1s)Open 

<a href="http://www.amazon.co.jp/dp/B00Q9K0DSE/" target="_blank" title=""><img src="http://livedoor.blogimg.jp/ikedanobuo/imgs/6/7/67ec3851.jpg" width="354" height="500" border="0" alt="51HA-uCNiJL" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

<blockquote>私の学習を妨げた唯一のものは、

私が受けた教育である。

<div align="right">(アルバート・アインシュタイン)</div></blockquote>
私の学習を妨げたのは教育ですが、教育にヒントを得て<自ら確立した>「ラーニング」メソッドによって、結局は最も深く学習したので、教育に意味ない事は決してない、と、個人... more »

<a href="http://www.amazon.co.jp/dp/B00Q9K0DSE/" target="_blank" title=""><img src="http://livedoor.blogimg.jp/ikedanobuo/imgs/6/7/67ec3851.jpg" width="354" height="500" border="0" alt="51HA-uCNiJL" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

<blockquote>私の学習を妨げた唯一のものは、

私が受けた教育である。

<div align="right">(アルバート・アインシュタイン)</div></blockquote>

私の学習を妨げたのは教育ですが、教育にヒントを得て<自ら確立した>「ラーニング」メソッドによって、結局は最も深く学習したので、教育に意味ない事は決してない、と、個人的には思うのですが、皆さんは如何でしょうか?

<hr/>

さて。

多分、「当事者」としてビックリされる方も多いと思うので(インターネット上のコミュニティでこの話をすると大抵目からウロコ状態になるようですんで)、<双極性障害(躁鬱病)と発達障害の関係:発達障害大国日本の課題>と言う題名で、今回は、現在の精神科治療の問題点を、ご説明したいと思っております。こう言うのは、当事者(実際の経験者)でないと悟りを得られない分野でもありますし、また、学術研究が決定的に不足している分野でもあります。悟りを得て科学的な知見を有してキチンと公にしているのは私くらいではないでしょうか。理解の一助になれば幸いです。

参考: <a href="http://agora-web.jp/archives/1631766.html" target="_blank" title="">薬物依存、アルコール依存、ギャンブル依存: 依存時代を生きる</a>

<hr/>

私が、双極性障害(昔の名称では、躁鬱病)という概念の存在を知ったのは、(北海道に居た)高校2年生の時になります。高校1年生の時の級友で優秀だった人間(多分、あのままストレートに行っていれば、慶應大学辺りは楽勝で合格していたのでは)が、「いじめ」を機に発症し、看病しに(慰めに)受験期間中も通ったものです。結局、その友人の母親は、息子の双極性障害と人生を案じて自殺をしています。他の東大エリートと私が根本的に違う理由の一つも、こういう「原体験」があるからに他ならないのですよね。

私ごとで恐縮でございますが、

アルコール依存症(精神科でのハッキリとした診断は2007年)の克服の為、(睡眠薬・抗不安薬である)ベンゾジアゼピン依存症を発症していたのと、アルコールの離脱症状の回避の為、精神科の薬は処方を2007年から本格的に受けていました。アルコールの離脱症状は、基本的に、疑似的な「統合失調症様態」(昔の精神分裂病)を生み出します。ですので、その症状を回避するためには、統合失調症患者が使う薬を使う事になるのです。大塚製薬の非定型抗精神病薬「エビリファイ(一般名:アリピプラゾール)」などが代表例。

1・2回目のアルコール依存症で入院をした際、何種類かの精神薬を受けており、勿論その中にはベンゾジアゼピン系の睡眠薬も数多くあるのですが、数年後(今から3年前)のアルコール依存症での長期入院の際には、プラスで「抗うつ剤」を処方されました。

3年前の入院時(薬物依存のヤクザや暴走族あがりと一緒の部屋になって苦痛だったんです)、途中、抗うつ剤の飲み過ぎで、気分の高揚が激しくなり、同室であったおじいさんに暴言を吐いたようです。まあ、私としては大した言葉を発したとも思っていないし(老人は被害者妄想激しい)、急にテンションが高くなったので(うつの方が私としては異常。この事に精神科医は気づかなかった)、「双極性障害」と診断され、隔離病室へと連行されました。まあ、「誤診」です。最悪は、親とつるんでしまったんですよね。アルコール依存症は任意入院でしたが、医療保護入院に勝手に切り替えられてしまった。こちらは抵抗できませんから、1週間独房入りです。

借金問題(数千万円:結局、時効等を援用して大部分チャラにしました。大手ネット証券を巻き込んだ画期的な大裁判の末の逆転勝利。それがあったので、5ー6年間ネットで表立って活動出来なかったんです。勝手にネットで有名にさせられて大迷惑!)を抱えていたので、自己破産のススメを親から受けていたのもあるので、かなり最初は猛烈に抵抗はしたものの、結局折れました。双極性障害として、意味のない入院に切り替えられ、薬(主に、バルブロ酸ナトリウム、リーマス/リチウム、です。リチウムに至っては、意図的な殺人罪に近いものがあると思う!)を服用させられました。

結局、3年間無意味な生活を繰り返し(通院時、実は睡眠薬以外の薬は殆ど飲んでいません。医師と親を同時に騙すにはテクニックが必要!)、去年(2014年)の半ばに自主的に入院をした際に「双極性障害ではなく、発達障害の一つである」事に気付いたので(当初はアスペルガー症候群かなとも思いましたが、間違いなくADHD)、親の監視を離れる事と、日本の無能な精神科医と決別する為、海外に逃亡しました。(2014年9月:比国へ)

<hr/>

双極性障害の疑いをかけられたことでよく知ったのですが、ADHDやアスペルガー症候群には、同じ経緯を辿って双極性障害の誤診される方が多いようです。

発達障害のプロセスに於いては、「鬱になりやすい」と言うのが挙げられます。それはまだ良いのでしょうが、うつ病としての治療を受けるプロセスの中で、抗うつ薬の乱用により、「ハイテンション」(癇癪)になる事があるんですよね。これが、どうやら、「双極性障害」で診断(誤診)されるようです。まあ、私の場合、アルコールを大量摂取していてハイテンション長かったのもあるんで、双極性障害 I 型と思われてましたが、通常は双極性障害II 型を疑われるでしょう。

アスペルガー症候群の疑いをかけられている、故スティーブ・ジョブス氏(アップル社創業者)のビデオを日本で見る機会があって、少なくとも私は確信しました。例えば、故スティーブ・ジョブス氏のエピソードを見て、双極性障害と診断(医師が愚かであれば誤診は有り得ると思った)した上、隔離して、バルブロ酸ナトリウムの処方を通じてよだれの垂れた呂律の回らない「処方箋による精神病患者」作り出してしまう様なのが、現在の日本の精神科の医療(と呼ばれるチャイルドプレイ/ガキンチョ遊び)。医師と患者のどちらが「KICHI GUY」か、位は、例え第三者の一般人であっても、十分に理解可能であると存じます。

<hr/>

私は、現在、タイ・バンコクで、薬をまったく使わずに生活しています。ローテンションになる事も無く5か月以上経っていますし、突発的な「癇癪」(原因を伴う癇癪)はあってもハイテンションではなく、明らかに双極性障害の診断は誤診です。(一般的に、双極性障害は不治の病と言われている)
こういう勝手な誤診をして、他者の人生を台無しにしておきながら、日本国の市井の精神科医は、不遜であるその態度を変えようとしません。(耄碌して判断力の欠如した)親と結託した医師の<暴走>は「KICHI GUY」。そして、警察を巻き込んだ国家権力は時にして「狂気と化」します。
海外の医療機関にかかろうとしても、精神科に限っては(睡眠薬を貰いに行こうとしても)、過去の入院歴があるので、キャッシュレスなど受け付けてくれないのですよね。本当に迷惑千万。生命保険を作れないのが一番のやっかい。億単位の訴訟をしたいと思っております。

私は、「双極性障害」「統合失調症」の類の精神科の病理は、誤診が殆どだと思っています。そして、薬漬けの日々により、本当の精神科の病気になると。ろれつ回っていない人は、バルブロ酸ナトリウムの後遺症(副作用)が殆ど。

例えば、PTSDなどと言うのは、フロイト心理学に基づくような、勝手に作られた病気なのです。アドラー心理学の方がこの分野は適切。トラウマの類も、解釈はアドラー心理学の方が適切です、現代社会に於いては特に。

大部分の精神病患者は、意図的につくられた精神病に悩まされ、人生をスポイルされているだけと私は確信しています。厚生労働省と癒着した、日本の医療業界にメスをいれるべき時期だと思います。

<hr/>

何度も言っていますが、私は既に数か月以上薬を「一切」使っていませんし、平穏で、健康で文化的な生活を海外(フィリピン、ベトナム、タイなど)でしています。アルコールを含めた依存症を「全て」克服した人間で、精神科の病気を患っている事など考えられないのです。

双極性障害は、せいぜい日本国で1000人に2人しかならない病気です(或はそれ以下)。高校の1年生の時の同級生(40人学級)が既になっているのですから、「確率的に」私も患っている事は<ありえない>レベル
なのです。こういう数学(算数クラス)も出来ない医師が堂々と「劇薬」をつかっているわけだ、、、これでは日本は良くならない。

現在、「双極性障害」「統合失調症」を診断されている方々、発達障害も念頭にいれて、セカンドオピニオン・サードオピニオンとってみては如何でしょうか。日本で出来なければ海外の病院で(これが実は確実だと思います)。本来、アスペルガー症候群、ADHDなのに、精神科の病気を宣告されている人は、「必要以上に」多いと思っています(一応、ネットのコミュニティで実証済み)。

<img src="http://livedoor.blogimg.jp/ikedanobuo/imgs/c/9/c92fafb6.jpg" width="500" height="567" border="0" alt="adhd_asperger1" hspace="5" class="pict"  /><br /><img src="http://livedoor.blogimg.jp/ikedanobuo/imgs/b/7/b7d6b895.jpg" width="500" height="471" border="0" alt="adhd_asperger2" hspace="5" class="pict"  /><br />

( http://apital.asahi.com/article/nayamu/2014052100008.html より )

ウィキペディアや他のサイトをじっくり見ればカラクリが解る事でもありますが・・・この分野の<誤診>の問題を研究している人はあまり居ません。双極性障害とADHDが「併発」するのではなく、ADHDでの症状で誤診を受けて双極性障害にみなされてる人が10%以上いる、と言うのが正しい。ですので、大規模な啓蒙・啓発活動が必要な分野だろうなと思っています。

発達障害を持った子供は年々増えています。アメリカは既にそうですが、日本も既に、発達障害大国です。

貴方の精神が分裂をしているのではなく、気分のムラが有るのでもなく、日本国の社会が分裂(KICHI GUY 病 発症)しているだけです。orz

理解の一助になれば幸いです。m(__)m

<hr/>

追記: 見出し画像は、発達障害の一つである「自閉症」を患いつつも作家として大活躍をされている<a href="http://www.amazon.co.jp/%E6%9D%B1%E7%94%B0-%E7%9B%B4%E6%A8%B9/e/B004LUU898" target="_blank" title="">東田直樹</a>さんのDVD。東田直樹さんは、私が1999年に新卒で入った(会社を共に立ち上げた)<a href="http://www.at-learn.co.jp/" target="_blank" title="">アットマークラーニング社</a>のインターネットハイスクールの卒業生でもあります。不登校・学習障害等で悩まれるお子さんが身近にいらっしゃる方は、<a href="http://www.at-mhk.jp/" target="_blank" title="">明蓬館高校</a>を訪ねられては如何でしょうか?

アマゾン 書籍 例
<a href="http://www.amazon.co.jp/dp/4781612458/" target="_blank" title=""><img src="http://livedoor.blogimg.jp/ikedanobuo/imgs/9/3/9376938c.jpg" width="500" height="703" border="0" alt="自閉症" hspace="5" class="pict"  /></a><br />

<hr/>

Tetsuya Kitahata(北畠徹也)

著者:

北畠徹也(英語:Tetsuya Kitahata 露語:Тэцуя Китахата.)は、1974年生まれ。1993年東京大学教養学部理科2類入学、同大学法学部私法コース卒業。北海道生まれのアントレプレナー。現在:株式会社テラ・インターナショナル代表取締役。ICTコンサルタント。タイ王国バンコク都在住。

ネットワーキングコミュニティに造詣が深く、ブログ・wiki・Mixi・Twitter・Facebook・Google+などのアーリーアダプターである。

世界中に実名の30万人以上のリーチを持つソーシャルメディア(ソーシャルネットワーク)の第一人者であり、オープンソース(Opensource)業界では、HTTP Server で有名な The Apache Software Foundation(アパッチ財団)の、個人スポンサーや、コミッタ(Committer)であったことでも有名(日本人/日本法人で初めてのスポンサー、個人では世界初)。Wikipedia, Perl, Mozilla, Python をはじめ、様々なオープンソース・オープンプラットフォームに寄付を行う慈善事業家。インターネットがより深いレベルで社会生活に浸透していけばよいと切に願っていると同時に、ネットにおけるコミュニケーション・オフライン(現実社会)におけるコミュニケーションがどう密接につながっていくのかを読み取っている。

<a href="http://tetsuya.in/" target="_blank" title="ブログ: Tetsuya Kitahata Patchy Blog">ブログ: Tetsuya Kitahata Patchy Blog</a>
<a href="http://www.facebook.com/tetsuya99" target="_blank" title="Facebook - Tetsuya Kitahata Personal Profile">Facebook - Personal Profile</a>
<a href="http://www.linkedin.com/in/tetsuya" target="_blank" title="LinkedIn Profile - Tetsuya Kitahata">LinkedIn Profile</a>
<a href="https://www.twitter.com/Tetsuya_K" target="_blank" title="Twitter Profile - Tetsuya Kitahata">Twitter Profile</a>
<a href="https://plus.google.com/+TetsuyaKitahata/" target="_blank" title="Google+ Profile - Tetsuya Kitahata">Google+ Profile</a>
NewsPicks: <a href="https://newspicks.com/user/103453" target="_blank" title="NewsPicks by Tetsuya Kitahata">https://newspicks.com/user/103453</a>


http://agora-web.jp/archives/1631940.html___

posted image

2015-02-13 10:49:01 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

<<ふるさと納税、選択納税制度、先物納税制度>>

(アゴラ寄稿の原稿です)

「明日は特別スペシャルデイ」、バレンタインデーでしょうか。国生さゆりさんの「バレンタイン・キッス」(最近の方だと、「わろた7」版の方が有名?^^;)が思い起こされるこの時期は、そう、確定申告の時期ですね。最近、面白いふるさと納税活用のアイディアが具体化して出ていますので、軽くご紹介です。

<a href="http://www.dmm.com/furusato/" target="_blank" title="加賀市へのふるさと納税はDMMで!- DMM.com">加賀市へのふるさと納税はDMMで!- DMM.com</a>
これは、ふるさと納税を使いこなした、優れたアイディアだと思います。加賀市にふるさと納税すれば、DMMのコインが50%分もらえる、と言うモノ。
「全国区で使える」「仮想通貨(私製貨幣)」「限界が無い」「利益率がべらぼうに高いビジネス」である点がポイント。

応用するならば、
「福井県鯖江市(サイバーエージェント社:藤田晋氏のふるさと)の、アメーバ仮想コイン」
「大阪府箕面市(ミクシィ社:笠原健治氏のふるさと)の、mixiポイント」
「佐賀県鳥栖市(ガンホー・オンライン・エンターテイメント社:孫泰蔵氏のふるさと)」等でしょうか。(あくまで例示:尤も、創業者を表に出すより、現行役員複数名のふるさとに白羽の矢を立てる方が建設的かも知れません)  北海道夕張市の様な地方の団体であっても、こういう発想を一ひねりすれば、結構自己破産自治体からの脱... more »

<<ふるさと納税、選択納税制度、先物納税制度>>

(アゴラ寄稿の原稿です)

「明日は特別スペシャルデイ」、バレンタインデーでしょうか。国生さゆりさんの「バレンタイン・キッス」(最近の方だと、「わろた7」版の方が有名?^^;)が思い起こされるこの時期は、そう、確定申告の時期ですね。最近、面白いふるさと納税活用のアイディアが具体化して出ていますので、軽くご紹介です。

<a href="http://www.dmm.com/furusato/" target="_blank" title="加賀市へのふるさと納税はDMMで!- DMM.com">加賀市へのふるさと納税はDMMで!- DMM.com</a>

これは、ふるさと納税を使いこなした、優れたアイディアだと思います。加賀市にふるさと納税すれば、DMMのコインが50%分もらえる、と言うモノ。
「全国区で使える」「仮想通貨(私製貨幣)」「限界が無い」「利益率がべらぼうに高いビジネス」である点がポイント。

応用するならば、
「福井県鯖江市(サイバーエージェント社:藤田晋氏のふるさと)の、アメーバ仮想コイン」
「大阪府箕面市(ミクシィ社:笠原健治氏のふるさと)の、mixiポイント」
「佐賀県鳥栖市(ガンホー・オンライン・エンターテイメント社:孫泰蔵氏のふるさと)」
等でしょうか。(あくまで例示:尤も、創業者を表に出すより、現行役員複数名のふるさとに白羽の矢を立てる方が建設的かも知れません)  北海道夕張市の様な地方の団体であっても、こういう発想を一ひねりすれば、結構自己破産自治体からの脱却は容易だと思うのですが、如何でしょうか。

私自身、ソーシャルゲーム自体が社会にとって有益であるとは然程思わないのですが(RMT業界のSEOではかなり有名でしたよ、私)、こういう使い方をハイブリッドに行えば、少しは社会貢献が出来る産業に成長するのかもしれません。

<hr/>

さて。小生が以前から考えていた、新しい二つの納税制度に関するアイディアを軽くご紹介いたします。一つは、「選択納税制度」。もう一つは「先物納税制度」(フューチャー型タックス)

前者は、他の国に既にあるかもしれないですね。2000年近辺に私は提案を始めていて、実はこのキーワードでずっと「グーグル検索一位」でした。民主党(当時)の税制調査会にも意見を出しており、これらは現在の「ふるさと納税」に繋がる議論に発展したものと思います。
(以下、民主党税制調査会からのメールと、その前の当方からのメールを引用)

もう一つの「先物納税制度」は、かなりのオリジナルかもしれません。「先行税制」(アドバンスドタックス)と言えばいいでしょうか(現行では似たようなもので予定納税がありますね、サラリーマンは殆ど知らないでしょうが)。金融工学では、リスクヘッジの為に固定金利と変動金利のスワップをしたりします。将来的な税金額(特に、資産税)が不明瞭である為に生じている<不安>を回避する為に、将来自分が無くなった時に払うべきタックスを固定化(FIX Rate)し、生きている間に支払いを始めるという発想。フューチャー型タックス/アドバンスドタックスを選ぶことで若干のメリットを与える事が出来るのであれば、金融工学的な「国家のリスクヘッジ」が可能となるのではないでしょうか。

税制を柔軟にすることで、社会に与えられる「イノベーション」は、実は結構多いのだろうと思います。人はやがて死ぬのですし。法人であっても、予定納税を超えた選択権の行使で柔軟な「五カ年計画」辺りは出来るようになるかもしれませんよ?(笑)

<hr/>

<blockquote>From: "民主党税制調査会" <tax@dpj.or.jp>
Subject: RE: 選択納税制度の導入の検討を
Date: Wed, 13 Jun 2001 15:00:19 +0900

北畠様

メールにてご意見をお送り下さり、ありがとうございました。返信が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
ご提案の選択納税制度ですが、大変ユニークな制度であると思います。以前、地方税財源問題を党内で議論した際に、住民税の一部を選択式にして、自分の指定する地方公共団体に納税できる方式にしてはどうかという議論がありました。過疎化に苦しむ地方団体は、子どもたちが成人するまでの費用の一部を行政経費として負担しながら、皆都会にでて行ってしまうというのが議論の発端でした。

北畠さんのご提案は、さらに教育や医療などの使途を納税者が特定して納付できるというものであると理解いたしました。おそらく、課税ベースや税率・税額を法定できないので、国に対する寄付金のようなものとも考えられますが、納税についての国民の自発性・権利性を重視するという考え方は共感できるものです。今後の政策立案の参考とさせていただきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

民主党政策調査会 税制担当
</blockquote>
<blockquote>Sent: Monday, June 04, 2001 3:34 PM
To: tax@dpj.or.jp
Subject: 選択納税制度の導入の検討を

”税金”・・・この言葉を聞いて、拒否反応を起こす人は、世界中に如何に多いことでしょう。

巷では、盛んに、税理士さんが「節税のための・・」講演をしていますし、いくら何万人・何十万人の従業員を抱える法人であっても、税金を減らすための努力は欠かすことができない要件になっています。
しかし、税金がなければ、日本国は成り立ちません。国の根幹を為す仕組みを支えていくために、お金は必ず必要なのです。そのお金のうちの大部分は、(個人の)所得税であり、(法人の)法人税であるわけです。

ー日本国憲法第30条-
「国民は、法律の定めるところにより納税の義務を負ふ」

日本国民の義務には、一応3つあるとされています。一つは、教育の義務、一つは勤労の義務、もう一つは、納税の義務、です。
納税の義務、以外の「義務」は、一般庶民的な考えからすると、<義務>としての束縛を個々人が感じることはありません。”自分の子供に対する教育の権利を保障する「義務」”を理解していない親は多いですし、仕事しなくても親の元に寄生虫の如く寄って生きていく”パラサイトシングル”なる人種も存在します。
しかし、こと「納税の義務」に関しては、一般庶民の拒絶感は非常に大きい・・・
これは、何故なのでしょう?・・・教育の義務や勤労の義務は、常に、「権利」と表裏一体の関係にあるものと認識しやすいものであることがあるのでしょう。
教育の義務は、「(例えば自分の子供の)教育の権利を確保するために、親として必要な義務」であると言えます。勤労の義務については、「社会の一員として貢献をする義務を持つ代わりに、自分がその対価たる報酬を得ることができる権利を有するもの」であります。
しかし・・・事、納税の義務については、自分の権利(や周りの権利)と表裏一体の関係にある事が中々理解できない・・・そういう根本的な宿命を持っている”義務”なのではないでしょうか。
(本当は、市政や区政に生かされているのですが・・・見えづらいのですね)

そこで.... 義務を義務と思わせないためにも・・・
「選択納税制度」を提案いたします。

小生が提案する、選択納税制度、は、以下の通りです。

<ol>
<li>確定申告等で確定される税金は、当然のごとく払う義務を有する</li>
<li>確定申告等で確定された以外の「新たな税金」として、(余裕がある場合に)オプションの税金を一緒 にはらうことが出来る制度を確保する。オプションというのは、「私は教育に対してもっと税金を払う余 裕がある」「私は、地方自治体の財政の悪化を懸念しているので、地方自治体への交付金に使ってほしい 」などの場合にのみ使うことが出来る。(これは、義務というよりも、財政、政治に対しての「権利」と しての位置付けともなりうる)</li>
<li>(オプション)できれば、「選択肢」については、国民で投票し選べるものとする。(どれを選択肢にするか、ということ。例えば、「教育」「地方財政(ふるさと)」という選択肢の作り方もあれば、「義務教育」「生 涯教育」「医療」という選択肢の作り方もありますが、その「選択肢」自体を国民が作ることができるようにする、ということです)</li>
</ol>
この制度を導入することによるメリットは、以下のとおり。
<ol><li>選択納税制度は、最初は「お金持ち」しか使わないものであるかもしれない。しかしながら、少なくとも真剣に「日本国のことを考えている」と言える人間にとっては、自己の主張を全うする”良き機会”となりうる。</li>
<li>国家の財政が少なくとも5%以上は潤うことが予想される。</li>
<li>国家に対して真剣に考えている人間が、どういう「カテゴリ」に対して興味関心を持ち、どのように予 算を配分してほしいのか、ということが手に取るようにわかる(公表される)。つまり、今までは、選挙権によってのみ「自分がどういう政治参加ができるか」という権利を行使することができなかったが、国政の腐敗を見てわかる通りに現状の政治に任せることは事実上不可能となった今、「納税を通して、何を今してほしいのか」を訴える機会を有することが可能となる。</li>
<li>国の借金は減る!(笑)</li>
</ol>

 もともとのアイディアのきっかけは、「権利」と「義務」は表裏一体の関係性を有するものであるのに、こと納税に至っては、どうして「義務」ばかりが先行してしまうのかな、と考えたことです。人は、「取られるもの」に対しては、一歩間を取ったスタンスを持ってしまうもの。全く逆転の発想で、「政治参加できる機会」としての納税(確定申告)と考えられるようにしてはどうか!というのが、根底にある発
想です。

(本当は、もっと、素人的な発想で。。。現在余りにも”評論家”的な人間が多い・・すぐ、国民の税金がどう使われてるか、と言うことを口走る評論家が多い。。。。彼らに、「そんなことを言うくらいなら、もちょっと税金払え~!」と思うわけで・・(笑))

 この制度自体は、私のオリジナルのアイディアですが、官公庁に行った東大OBの友人達にはおおむね好評だったので、小泉内閣にその審議をしていただきたい、と思うに至りました。
 (また、重要なポイントですが)現行の憲法に全く抵触することなく、この制度は導入することが可能です。電子政府や電子納税などが可能となれば、面白い展開ができるかもしれませんが、今の「確定申告」のやり方でも、一行か二行の項目を追加するだけで可能でしょう。

現行自民党の小泉政権が、今後どういう政をしていくかは、私達国民一人一人が見守って行かなければならないことだと思っています。
これは、私達国民が持っている「権利」と「義務」のアンビバレンツな関係性において、一番わかりやすい・・・(しかも、国民の義務はそのままに、権利のみを拡張することができる)この制度を、是非、国会に措いて審議していただきたい、と思っているわけであります。

ご検討戴ければ幸いです。

Tetsuya Kitahata - 北畠徹也</blockquote>

<hr/>

<a href="http://tetsuya.in/" target="_blank" title="ブログ: Tetsuya Kitahata Patchy Blog">ブログ: Tetsuya Kitahata Patchy Blog</a>
<a href="http://www.facebook.com/tetsuya99" target="_blank" title="Facebook - Tetsuya Kitahata Personal Profile">Facebook - Personal Profile</a>
<a href="http://www.linkedin.com/in/tetsuya" target="_blank" title="LinkedIn Profile - Tetsuya Kitahata">LinkedIn Profile</a>
<a href="https://www.twitter.com/Tetsuya_K" target="_blank" title="Twitter Profile - Tetsuya Kitahata">Twitter Profile</a>
<a href="https://plus.google.com/+TetsuyaKitahata/" target="_blank" title="Google+ Profile - Tetsuya Kitahata">Google+ Profile</a>
NewsPicks: <a href="https://newspicks.com/user/103453" target="_blank" title="NewsPicks by Tetsuya Kitahata">https://newspicks.com/user/103453</a>___

2015-02-13 04:31:02 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

不自由が生み出すもの-SpamAssassin

(2004年5月1日に公開したものです。一部大幅に加筆。現在との相違はかなりありますが、主張は変わりません。 tetsuya@apache.orgなるメールアドレスを持っていました。アパッチ財団参照 @ http://apache.org ))

実は、Apache.Org のサーバ(Minotaurという名前 = Beefy! ^^;)には SpamAssassin が入っていませんでした。・・・いや、この表現は厳密には間違い。各ユーザは SpamAssassin を使う事が出来るのだけど、デフォルトでサーバ管理者が各ユーザに対して使用を「強制」していない。スパムフィルタなどは、「おのおのの責任の範囲で」(これを自己責任というらしい)入れなさい、という事なのだろうと思う。

(注: ApacheSpamAssassin - http://spamassassin.apache.org/ )


実は、Apache のインフラに対して色々と疑問点(特にメールサーバ系)があって、インフラチームに色々と「クレーム」をつけた事があります。例えば、WebServices のメーリングリストの一部にウィルスメールが入ったりSPAMだらけのリストがあったり … (特に WS-IF あたりが酷かったかも … axisやgeneral@wsも結構 SPAM があったけど/2003年7,8,9月あたりは … 過去ログ見れば一目瞭然) … この原因が「懈怠による」ものだとしても、どこに根源的な「懈怠」(例えば、リストユーザがインフラチームに「要求」しないのが悪いのか、インフラチームが Paternalisticにスパムフィルタを導入しなかったのが悪いのか)のサブジェクトがあるのかがわからなかったわけです。というわけなので、最初、「インフラチームの懈怠」という仮説を立て、色んな提案を立ててみたのでした(その当時、ややというか相当ヒステリックになっていたような…<苦笑... more »

不自由が生み出すもの-SpamAssassin

(2004年5月1日に公開したものです。一部大幅に加筆。現在との相違はかなりありますが、主張は変わりません。 tetsuya@apache.orgなるメールアドレスを持っていました。アパッチ財団参照 @ http://apache.org ))

実は、Apache.Org のサーバ(Minotaurという名前 = Beefy! ^^;)には SpamAssassin が入っていませんでした。・・・いや、この表現は厳密には間違い。各ユーザは SpamAssassin を使う事が出来るのだけど、デフォルトでサーバ管理者が各ユーザに対して使用を「強制」していない。スパムフィルタなどは、「おのおのの責任の範囲で」(これを自己責任というらしい)入れなさい、という事なのだろうと思う。

(注: Apache SpamAssassin - http://spamassassin.apache.org/ )


実は、Apache のインフラに対して色々と疑問点(特にメールサーバ系)があって、インフラチームに色々と「クレーム」をつけた事があります。例えば、WebServices のメーリングリストの一部にウィルスメールが入ったりSPAMだらけのリストがあったり … (特に WS-IF あたりが酷かったかも … axisやgeneral@wsも結構 SPAM があったけど/2003年7,8,9月あたりは … 過去ログ見れば一目瞭然) … この原因が「懈怠による」ものだとしても、どこに根源的な「懈怠」(例えば、リストユーザがインフラチームに「要求」しないのが悪いのか、インフラチームが Paternalistic にスパムフィルタを導入しなかったのが悪いのか)のサブジェクトがあるのかがわからなかったわけです。というわけなので、最初、「インフラチームの懈怠」という仮説を立て、色んな提案を立ててみたのでした(その当時、ややというか相当ヒステリックになっていたような…<苦笑>)。SpamAssassinの導入を提案したのもその時期。(注:現在は、 http://spamassassin.apache.org/ になり、トップレベルプロジェクトとなっています。皆さん恩恵を受けているはずです。世界的に相当有名ですから)

半年以上経った今になって、その当時の事を思い出すに至り、こんな結論に達しています。「わざと不自由を作っているのだ」と。・・・そして、これを更に拡張すれば、「それこそが自由だ」と。

日本に於ける「教育」にしてもなんにしてもそうですが、「ノイズ」は兎も角100%に近い形で除去(フィルタ)し、インテグリティを確保しようとする傾向があります。泥んこ遊びなどもってのほか、といった風潮ですね。自由は、「管理下におかれた」箱庭にしかない、とこういうわけです。しかし、勿論、過度な「きれいずき」は人間の体が元々(体内で小さな進化を起こすメカニズムなわけですが)持っている「免疫力」を下げてしまっており、「適度にきれいずき」な人に比して極度にばい菌/ウィルスが体内で活動しやすくなってしまっています。
同様に、もしサーバサイドでスパムフィルタを導入していたならば、オープンソース理念の「根源」である<気づき>を得るチャンスが少なくなりますし、別のフィルタを作成するモチベーションの種すなわちイノベーションの<種>を知覚する確率は極端に少なくなると言えるでしょう。そして、「進化」は永遠にやってきません。

実はオープンソースがこんな崇高な「フィロソフィ」に支えられていたんだな、と、いまさらながらに感動していたりします。まあ、勿論、「個々人が ~/userid 内で SpamAssassin を使える」といった事などを「周知」させるテクニック(やや、マーケティングな発想の人間が有する技法)はもう少し使ってみてもいいんじゃあないかな、という気もしますけど … まあ、技術者は往々にしてマーケッタを嫌う(笑)

この主張を拡張するのであれば、日本で「イノベーション」が生まれるためにはもっともっと「不自由」空間を作るべき、と言う事になるのでしょうかね … まあ、それが正解であるような気がします。根源的に「不自由空間」として競争/進化させるべきところに対し、政府が介入して邪魔してるんでしょうネ。元来不自由であるところをそのままにし(競争を促し)、箱庭的につくる自由空間は排除(そんなPaternalismは許すマジ)を基本とすべきなんでしょう、もし日本のイノベーションを真剣に考えるのであれば。

(上の主張は、2004年5月)

(加筆:2015年2月)日本のイノベータにしても米国にしてもそうですが、綺麗な場所に安住して、その上でビジネス考えていますよね。東南アジアに来てから相当色々なビジネスアイディア生まれましたが、やはり、不自由な場所の方が自由な発想が出来るのだと思いました。現状で満足できる空間で、新しいものを生み出そうとする力学は働きませんよ。アフリカのへき地に派遣された役員とどうコミュニケーションとるか、と言う一つの「不自由」からだけでも、「電子役員会議」ツール一つや二つを自前で作る(そろえる)モチベーション生まれますしね。東京に暮らしていながら出てくる「イノベーティブアイディア様」なんていうのは、所詮、「妄想」以下でしかないのだ、と言うのが結論。

Tetsuya Kitahata(北畠徹也)

<a href="http://tetsuya.in/" target="_blank" title="ブログ: Tetsuya Kitahata Patchy Blog">ブログ: Tetsuya Kitahata Patchy Blog</a>
<a href="http://www.facebook.com/tetsuya99" target="_blank" title="Facebook - Tetsuya Kitahata Personal Profile">Facebook - Personal Profile</a>
<a href="http://www.linkedin.com/in/tetsuya" target="_blank" title="LinkedIn Profile - Tetsuya Kitahata">LinkedIn Profile</a>
<a href="https://www.twitter.com/Tetsuya_K" target="_blank" title="Twitter Profile - Tetsuya Kitahata">Twitter Profile</a>
<a href="https://plus.google.com/+TetsuyaKitahata/" target="_blank" title="Google+ Profile - Tetsuya Kitahata">Google+ Profile</a>
NewsPicks: <a href="https://newspicks.com/user/103453" target="_blank" title="NewsPicks by Tetsuya Kitahata">https://newspicks.com/user/103453</a>___

posted image

2015-02-13 04:30:07 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

確定申告の時期ですね。最近、面白いふるさと納税活用のアイディアが出ていますので、軽くご紹介です。

<a href="http://www.dmm.com/furusato/" target="_blank" title="加賀市へのふるさと納税はDMMで!- DMM.com">加賀市へのふるさと納税はDMMで!- DMM.com</a>

これは、ふるさと納税を使いこなした、優れたアイディアだと思います。加賀市にふるさと納税すれば、DMMのコインが50%分もらえる、と言うモノ。
「全国区で使える」「仮想通貨」「限界が無い」「利益率がべらぼうに高いビジネス」である点がポイント。

応用するならば、
「福井県鯖江市(サイバーエージェント社:藤田晋氏のふるさと)の、アメーバ仮想コイン」「大阪府箕面市(ミクシィ社:笠原健治氏のふるさと)の、mixiポイント」
「佐賀県鳥栖市(ガンホー・オンライン・エンターテイメント社:孫泰蔵氏のふるさと)」
等でしょうか。(あくまで例示:尤も、創業者を表に出すより、現行役員複数名のふるさとに白羽の矢を立てる方が建設的かも知れませんね)  北海道夕張市の様な地方の団体であっても、こういう発想を一ひねりすれば、結構自己破産自治体からの脱却は容易だと思うのですが、如何でしょうか。

私自身、ソーシャルゲーム自体が社会にとって有益であるとは然程思わないのですが、こういう使い方をハイブリッドに行えば、少しは社会貢献が出来る産業に成長するのかもしれません。
<hr/>

さて。小生が以前から考えていた、新しい二つの納税制度に関するアイディアを軽くご紹介いたします。一つは、「選択納税制度」。もう一つは「先行納税制度」(アドバンスドタックス)

前者は、他の国に既にあるかもしれないですね。2000年近... more »

確定申告の時期ですね。最近、面白いふるさと納税活用のアイディアが出ていますので、軽くご紹介です。

<a href="http://www.dmm.com/furusato/" target="_blank" title="加賀市へのふるさと納税はDMMで!- DMM.com">加賀市へのふるさと納税はDMMで!- DMM.com</a>

これは、ふるさと納税を使いこなした、優れたアイディアだと思います。加賀市にふるさと納税すれば、DMMのコインが50%分もらえる、と言うモノ。
「全国区で使える」「仮想通貨」「限界が無い」「利益率がべらぼうに高いビジネス」である点がポイント。

応用するならば、
「福井県鯖江市(サイバーエージェント社:藤田晋氏のふるさと)の、アメーバ仮想コイン」
「大阪府箕面市(ミクシィ社:笠原健治氏のふるさと)の、mixiポイント」
「佐賀県鳥栖市(ガンホー・オンライン・エンターテイメント社:孫泰蔵氏のふるさと)」
等でしょうか。(あくまで例示:尤も、創業者を表に出すより、現行役員複数名のふるさとに白羽の矢を立てる方が建設的かも知れませんね)  北海道夕張市の様な地方の団体であっても、こういう発想を一ひねりすれば、結構自己破産自治体からの脱却は容易だと思うのですが、如何でしょうか。

私自身、ソーシャルゲーム自体が社会にとって有益であるとは然程思わないのですが、こういう使い方をハイブリッドに行えば、少しは社会貢献が出来る産業に成長するのかもしれません。

<hr/>

さて。小生が以前から考えていた、新しい二つの納税制度に関するアイディアを軽くご紹介いたします。一つは、「選択納税制度」。もう一つは「先行納税制度」(アドバンスドタックス)

前者は、他の国に既にあるかもしれないですね。2000年近辺に私は提案を始めていて、実はこのキーワードでずっと「グーグル検索一位」でした。民主党(当時)の税制調査会にも意見を出しており、これらは現在の「ふるさと納税」に繋がる議論に発展したものと思います。
(以下、民主党税制調査会からのメールと、その前の当方からのメールを引用)

もう一つの「先行納税制度」は、かなりのオリジナルかもしれません。「先物税制」と言えばいいでしょうか。金融工学では、リスクヘッジの為に固定金利と変動金利のスワップをしたりします。将来的な税金額(特に、資産税)が不明瞭である為に生じている<不安>を回避する為に、将来自分が無くなった時に払うべきタックスを固定化(FIX Rate)し、生きている間に支払いを始めるという発想。アドバンスドタックスを選ぶことで若干のメリットを与える事が出来るのであれば、金融工学的な「国家のリスクヘッジ」が可能となるのではないでしょうか。

税制を柔軟にすることで、社会に与えられる「イノベーション」は、実は結構多いのだろうと思います。

<hr/>

<blockquote>
From: "民主党税制調査会" <tax@dpj.or.jp>
Subject: RE: 選択納税制度の導入の検討を
Date: Wed, 13 Jun 2001 15:00:19 +0900

北畠様

メールにてご意見をお送り下さり、ありがとうございました。返信が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。
ご提案の選択納税制度ですが、大変ユニークな制度であると思います。以前、地方税財源問題を党内で議論した際に、住民税の一部を選択式にして、自分の指定する地方公共団体に納税できる方式にしてはどうかという議論がありました。過疎化に苦しむ地方団体は、子どもたちが成人するまでの費用の一部を行政経費として負担しながら、皆都会にでて行ってしまうというのが議論の発端でした。

北畠さんのご提案は、さらに教育や医療などの使途を納税者が特定して納付できるというものであると理解いたしました。おそらく、課税ベースや税率・税額を法定できないので、国に対する寄付金のようなものとも考えられますが、納税についての国民の自発性・権利性を重視するという考え方は共感できるものです。今後の政策立案の参考とさせていただきたいと思います。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

民主党政策調査会 税制担当
</blockquote>

<blockquote>
Sent: Monday, June 04, 2001 3:34 PM
To: tax@dpj.or.jp
Subject: 選択納税制度の導入の検討を

”税金”・・・この言葉を聞いて、拒否反応を起こす人は、世界中に如何に多いことでしょう。

巷では、盛んに、税理士さんが「節税のための・・」講演をしていますし、いくら何万人・何十万人の従業員を抱える法人であっても、税金を減らすための努力は欠かすことができない要件になっています。
しかし、税金がなければ、日本国は成り立ちません。国の根幹を為す仕組みを支えていくために、お金は必ず必要なのです。そのお金のうちの大部分は、(個人の)所得税であり、(法人の)法人税であるわけです。

ー日本国憲法第30条-
「国民は、法律の定めるところにより納税の義務を負ふ」

日本国民の義務には、一応3つあるとされています。一つは、教育の義務、一つは勤労の義務、もう一つは、納税の義務、です。
納税の義務、以外の「義務」は、一般庶民的な考えからすると、<義務>としての束縛を個々人が感じることはありません。”自分の子供に対する教育の権利を保障する「義務」”を理解していない親は多いですし、仕事しなくても親の元に寄生虫の如く寄って生きていく”パラサイトシングル”なる人種も存在します。
しかし、こと「納税の義務」に関しては、一般庶民の拒絶感は非常に大きい・・・
これは、何故なのでしょう?・・・教育の義務や勤労の義務は、常に、「権利」と表裏一体の関係にあるものと認識しやすいものであることがあるのでしょう。
教育の義務は、「(例えば自分の子供の)教育の権利を確保するために、親として必要な義務」であると言えます。勤労の義務については、「社会の一員として貢献をする義務を持つ代わりに、自分がその対価たる報酬を得ることができる権利を有するもの」であります。
しかし・・・事、納税の義務については、自分の権利(や周りの権利)と表裏一体の関係にある事が中々理解できない・・・そういう根本的な宿命を持っている”義務”なのではないでしょうか。
(本当は、市政や区政に生かされているのですが・・・見えづらいのですね)

そこで.... 義務を義務と思わせないためにも・・・
「選択納税制度」を提案いたします。

小生が提案する、選択納税制度、は、以下の通りです。

<ol>
<li>確定申告等で確定される税金は、当然のごとく払う義務を有する</li>
<li>確定申告等で確定された以外の「新たな税金」として、(余裕がある場合に)オプションの税金を一緒 にはらうことが出来る制度を確保する。オプションというのは、「私は教育に対してもっと税金を払う余 裕がある」「私は、地方自治体の財政の悪化を懸念しているので、地方自治体への交付金に使ってほしい 」などの場合にのみ使うことが出来る。(これは、義務というよりも、財政、政治に対しての「権利」と しての位置付けともなりうる)</li>
<li>(オプション)できれば、「選択肢」については、国民で投票し選べるものとする。(どれを選択肢にするか、ということ。例えば、「教育」「地方財政(ふるさと)」という選択肢の作り方もあれば、「義務教育」「生 涯教育」「医療」という選択肢の作り方もありますが、その「選択肢」自体を国民が作ることができるようにする、ということです)</li>
</ol>
この制度を導入することによるメリットは、以下のとおり。
<ol><li>選択納税制度は、最初は「お金持ち」しか使わないものであるかもしれない。しかしながら、少なくとも真剣に「日本国のことを考えている」と言える人間にとっては、自己の主張を全うする”良き機会”となりうる。</li>
<li>国家の財政が少なくとも5%以上は潤うことが予想される。</li>
<li>国家に対して真剣に考えている人間が、どういう「カテゴリ」に対して興味関心を持ち、どのように予 算を配分してほしいのか、ということが手に取るようにわかる(公表される)。つまり、今までは、選挙権によってのみ「自分がどういう政治参加ができるか」という権利を行使することができなかったが、国政の腐敗を見てわかる通りに現状の政治に任せることは事実上不可能となった今、「納税を通して、何を今してほしいのか」を訴える機会を有することが可能となる。</li>
<li>国の借金は減る!(笑)</li>
</ol>

 もともとのアイディアのきっかけは、「権利」と「義務」は表裏一体の関係性を有するものであるのに、こと納税に至っては、どうして「義務」ばかりが先行してしまうのかな、と考えたことです。人は、「取られるもの」に対しては、一歩間を取ったスタンスを持ってしまうもの。全く逆転の発想で、「政治参加できる機会」としての納税(確定申告)と考えられるようにしてはどうか!というのが、根底にある発
想です。

(本当は、もっと、素人的な発想で。。。現在余りにも”評論家”的な人間が多い・・すぐ、国民の税金がどう使われてるか、と言うことを口走る評論家が多い。。。。彼らに、「そんなことを言うくらいなら、もちょっと税金払え~!」と思うわけで・・(笑))

 この制度自体は、私のオリジナルのアイディアですが、官公庁に行った東大OBの友人達にはおおむね好評だったので、小泉内閣にその審議をしていただきたい、と思うに至りました。
 (また、重要なポイントですが)現行の憲法に全く抵触することなく、この制度は導入することが可能です。電子政府や電子納税などが可能となれば、面白い展開ができるかもしれませんが、今の「確定申告」のやり方でも、一行か二行の項目を追加するだけで可能でしょう。

現行自民党の小泉政権が、今後どういう政をしていくかは、私達国民一人一人が見守って行かなければならないことだと思っています。
これは、私達国民が持っている「権利」と「義務」のアンビバレンツな関係性において、一番わかりやすい・・・(しかも、国民の義務はそのままに、権利のみを拡張することができる)この制度を、是非、国会に措いて審議していただきたい、と思っているわけであります。

ご検討戴ければ幸いです。

Tetsuya Kitahata - 北畠徹也</blockquote>

<hr/>

<a href="http://tetsuya.in/" target="_blank" title="ブログ: Tetsuya Kitahata Patchy Blog">ブログ: Tetsuya Kitahata Patchy Blog</a>
<a href="http://www.facebook.com/tetsuya99" target="_blank" title="Facebook - Tetsuya Kitahata Personal Profile">Facebook - Personal Profile</a>
<a href="http://www.linkedin.com/in/tetsuya" target="_blank" title="LinkedIn Profile - Tetsuya Kitahata">LinkedIn Profile</a>
<a href="https://www.twitter.com/Tetsuya_K" target="_blank" title="Twitter Profile - Tetsuya Kitahata">Twitter Profile</a>
<a href="https://plus.google.com/+TetsuyaKitahata/" target="_blank" title="Google+ Profile - Tetsuya Kitahata">Google+ Profile</a>
NewsPicks: <a href="https://newspicks.com/user/103453" target="_blank" title="NewsPicks by Tetsuya Kitahata">https://newspicks.com/user/103453</a>___

posted image

2015-02-13 04:29:25 (1 comments, 2 reshares, 9 +1s)Open 

そろばん興国論:アナログエリートのススメ
(アゴラ投稿の原稿です)

こんにちは!立て続けにぶっ飛んだ事を書いた気もしますので、少し和やかなお話を。

昭和の特に初期・中期の生まれの方であれば、「読み書きそろばん」と言う言葉は必ず聞いていた事と思います。「三種の神器(教育編)」、と言った所でしょうか。
読み書きそろばん(英:Three R's; Reading, wRiting and aRithmetic)は、最近だと、「英語」「国語」「コンピュータ」位に置き換わっているのかも知れません。英語力もIT力も、覚束ない子供たちも数多い様にも思いますが、教育上の基本中の基本です。
処が、コンピュータ産業が発展する前から、こと「そろばん」の重要性について口酸っぱい大人が少なくなっていたような気がします。

勝手な「憶測」で申し訳ないですが、算盤に関して言えば、「皆頑張ってみたけど、出来なかったので、劣等コンプレックスを感じていた」と言う方が圧倒的多数なのだろうと思います。まあ、アレは確かに、教え手が下手くそであれば、中々上達しません。
私は、小学3年生の頃に算盤を始めています。最初、兄がやっていた事を聞き、「(通っている場所が浄土真宗のお寺に近かったので)鐘を突くための訓練をする事なのかな?」と言う様な頓珍漢な事をイメージしていました。まあ、実際やってみると、中々面白かったので、必死に喰らい付き、一年間で2級を取得しました。実際は、1年間で1級まで取れる位の猛スピードだったのですが、肺炎と骨折で3週間ずつ入院をしてしまったので、受験が出来ませんでした。結局、全珠連レベルで、珠算が2段、当時出来立てだった暗算検定で5段まで持っています。北海道の大会にも二回出ています。もう少しで表彰さ... more »

そろばん興国論:アナログエリートのススメ
(アゴラ投稿の原稿です)

こんにちは!立て続けにぶっ飛んだ事を書いた気もしますので、少し和やかなお話を。

昭和の特に初期・中期の生まれの方であれば、「読み書きそろばん」と言う言葉は必ず聞いていた事と思います。「三種の神器(教育編)」、と言った所でしょうか。
読み書きそろばん(英:Three R's; Reading, wRiting and aRithmetic)は、最近だと、「英語」「国語」「コンピュータ」位に置き換わっているのかも知れません。英語力もIT力も、覚束ない子供たちも数多い様にも思いますが、教育上の基本中の基本です。

処が、コンピュータ産業が発展する前から、こと「そろばん」の重要性について口酸っぱい大人が少なくなっていたような気がします。

勝手な「憶測」で申し訳ないですが、算盤に関して言えば、「皆頑張ってみたけど、出来なかったので、劣等コンプレックスを感じていた」と言う方が圧倒的多数なのだろうと思います。まあ、アレは確かに、教え手が下手くそであれば、中々上達しません。

私は、小学3年生の頃に算盤を始めています。最初、兄がやっていた事を聞き、「(通っている場所が浄土真宗のお寺に近かったので)鐘を突くための訓練をする事なのかな?」と言う様な頓珍漢な事をイメージしていました。まあ、実際やってみると、中々面白かったので、必死に喰らい付き、一年間で2級を取得しました。実際は、1年間で1級まで取れる位の猛スピードだったのですが、肺炎と骨折で3週間ずつ入院をしてしまったので、受験が出来ませんでした。結局、全珠連レベルで、珠算が2段、当時出来立てだった暗算検定で5段まで持っています。北海道の大会にも二回出ています。もう少しで表彰されていたのですけどね。

実は、珠算の検定の裡の「見取り算」「乗法」「伝票」レベルは、暗算を使っていました。暗算は確か3級で導入されるのだと思いますが、大体の方は、算盤のタマを思い浮かべるという様なことをせず、通常通りの暗算をしてしまうため、3級で挫折します。3級まで行ってあとダメ、と言う方々の圧倒的多数は、暗算で引っかかっていました。実は、此処に、「算盤の大切さが正しく日本に伝わっていない」根本が有るのだろうと勝手に解釈しています。

「算盤の訓練は、暗算をする為にある」

デジタル社会と言われる現在の世の中に、敢えて「アナログエリートのススメ」をしたいのは、「暗算の技法は、脳力を高める可能性が高い」事をご説明したいからです。

暗算が出来ると、色々メリットあります。先ず、私は高校の頃に化学で偏差値99.9を叩きだしたことがあるのですが、これは、「暗算の作法のたまもの」と言っても過言ではないのです。今でも、6桁位の計算は頭でやれます。化学は、モル計算と、元素記号・周期表のマスターと、亀甲(ベンゼン環)の記憶、さえ出来ていれば、大多数は満点レベルを取れます。つまり、化学の成績を将来的にアップさせたいのであれば、暗算技法は「大きなアドバンテージになる」とすら言えます。
次に、算盤3級まで行くと、「応用算」を学びます。ハッキリ言えば、商業高校・商学部レベル。私、多分(やってはいないのですが)小学4年生で、簿記2級位楽勝で取れていたのでは。しかも暗算で出来るレベルなので、資格試験に困るレベルは一切ないです。こういう意味でも、暗算が出来るメリットはかなりあります。
そして、究極的には、「右脳が鍛えられている」事があげられると思います。実は、暗算が(タマをイメージで脳内で処理しています)右脳活性部位で行われているかどうかは、脳神経科学や脳科学レベルでハッキリしていない処もあると思うのですが、私は、「自信をもって」<関係性はある>と断言します。論理的思考の会話をしながら、計算や時間の測定が出来たりするんですよね、私。女性で出来る方も居るのかもしれませんが(これは単に脳梁の関係)、男性ではまず皆無です。出来るという事はつまり左脳と右脳で同時に作業を出来るという事に他ならないです。これを知った時は吃驚しました。そして、ブラインドタッチもまた右脳を鍛え上げたりするのですよね。

私は、小学生の頃(結局、小3ー小6)に算盤と出会い、そして、暗算を通じて「脳力を上げた」事に一切の後悔をもしていません。寧ろ、日本に生まれて良かった、これは私が誇るべき事だ、とすら思っております。

最近は、「FLASH暗算」なる技法もあるようです。脳が劣化したな、と思ったら、FLASH暗算やってみると良いかもしれません。そして、もし「算盤」を昔やった事のある方であれば、<パチパチ>の仕方をもう一度マスターして、暗算に是非トライしてみて下さい!きっと、右脳が鍛えられて、ブラインドタッチも楽に出来るようになるかもしれません!?!?アナログ算盤で、貴方も、「アナログエリート」にチャレンジ!

(画像は、Wikipediaより)___

posted image

2015-02-09 23:07:16 (0 comments, 0 reshares, 5 +1s)Open 


私が数年前に自宅からとった映像: 東京湾花火大会が最も美しく見えるマンションです。(36階の最上階から撮影)
From 36th Floor, Minato-ku, Tokyo, Japan - Video of Tokyo Bay Fireworks Festival 2008 (10-AUG-2008)

https://www.youtube.com/watch?v=usSwZsRmPSM


私が数年前に自宅からとった映像: 東京湾花火大会が最も美しく見えるマンションです。(36階の最上階から撮影)
From 36th Floor, Minato-ku, Tokyo, Japan - Video of Tokyo Bay Fireworks Festival 2008 (10-AUG-2008)

https://www.youtube.com/watch?v=usSwZsRmPSM___

2015-02-08 07:06:09 (0 comments, 0 reshares, 2 +1s)Open 

<Kananglish(カナングリッシュ)と教養人のススメ>
(アゴラ投稿の原稿です)
日本人の英語論は、学術レベルに達していない「でたらめ論」が結構多いなあと思ったりします。まあ、ここで、私を例に挙げて、英語とどう日本人が向き合うべきか、現状はどうなのか、と言う事を分析してみます。私、帰国子女ではありません。北海道の田舎の高校を卒業し、実力で東京大学に進学して、自力でビジネスを立ち上げて現在に至っています。その間、アメリカに一週間ビジネスで滞在(ホームスクールの見学等です)、オーストラリアに一週間ビジネスや勉強会で滞在(XBRLのカンファレンスに参加しました)と言う二つだけの経験。なので、「環境」と言う側面からすれば、他の方とそれ程変わらないかなと思います。親も外人じゃないしね(笑)。

まあ、ただ、高校生の頃は英語に励んでいました。実際、世界史を知らなければ国際人... more »

<Kananglish(カナングリッシュ)と教養人のススメ>
(アゴラ投稿の原稿です)
日本人の英語論は、学術レベルに達していない「でたらめ論」が結構多いなあと思ったりします。まあ、ここで、私を例に挙げて、英語とどう日本人が向き合うべきか、現状はどうなのか、と言う事を分析してみます。
私、帰国子女ではありません。北海道の田舎の高校を卒業し、実力で東京大学に進学して、自力でビジネスを立ち上げて現在に至っています。その間、アメリカに一週間ビジネスで滞在(ホームスクールの見学等です)、オーストラリアに一週間ビジネスや勉強会で滞在(XBRLのカンファレンスに参加しました)と言う二つだけの経験。なので、「環境」と言う側面からすれば、他の方とそれ程変わらないかなと思います。親も外人じゃないしね(笑)。

まあ、ただ、高校生の頃は英語に励んでいました。実際、世界史を知らなければ国際人にはなれないだろう、みたいな事を考えていたので、ペンギンブックスのWORLD HISTORYの類は英語で読んでいたりしましたし、Feynman Physicsや化学の教科書の英語の類は高校の時から読んでたりします。「聞く耳」を敢えて鍛えた記憶は無いです。まあ、強いてあげれば、大学生の頃に、東京大学の教養学部の英語の授業で、「Family Ties」と言うコメディ(ちょっと昔のアメリカンコメディを知っている方であれば、「アーノルド坊やは人気者」辺りはご存知かもしれないですね(笑)。あれをもう少しアメリカらしくした感じです:マイケルJフォックス主演)の存在を知って、近所のビデオレンタルショップでシリーズを借りて、事あるごとに眺めていたというのを挙げる事が出来るでしょうか。まあ、とは言っても、英会話を学んだ、と言う様なことは皆無です。NOVAでのばーす、みたいなコやじギャグも私にはヒットしませんでした(笑)。
其の後、外人さん(日本歴20年以上と言う様なベテランさん)と仕事をしたこともあるので若干使う場面はありましたが、殆ど日本語でしたし、必要とするほどでもなかったです、会話。

まあ、そんなこんなで挑んだ「東南アジア」でした。フィリピンに最初に行きました。(2014年9月)
フィリピンでは、英語で困った事は数えるくらいしかありません。タクシードライバーはどこの国もそうですが、教養や学が無いですね。その他で、日本語を使ったためしも有りません。セブ島で1回フィリピノと付き合うふりしてた女性と一緒になったので、英語と日本語交えて会話した位。病院にも歯医者にも行きましたが、iPad AIRで2・3個翻訳をかけた程度。睡眠薬系の商品名を覚えていたので、ウィキペディアで調べて薬品名にして、と言う事もしたかなと。本当に困らなかったです。逆に、フィリピノさんにも教養無い方いますので(ISISもエボラ出血熱も知らないトンデモナイ女性が居たのには唖然としたよ・・・)、そういう場合は私の英語力の問題とは言えなかったのだと思います。
其の後、シンガポール3日、ベトナムに2週間行っています。シンガポールは「全く」困りませんでした。ベトナム大使館やベトジェットの人間との会話で若干苦労した位(笑)。ベトナムは、暫く迷いました。ベトナムに行ってから、iPadの重要性を猶更強調するようになりましたかね。2020年までに日本人の英語力を高める、と言う様な「妄想」を抱く位であれば、自由民主党さんや東京都さんにおかれましては、成田空港で無償のandroidタブレットを「一時的にレンタル」して、タクシー運転手等のIT技術力を高めさせることの方をお勧めしますかね。グーグルマップの読み方とかね? ベトナムは、英語をつかえる人と使えない人の差がかなりあります。そして、英語を知らない人は「無視し始める」ですかね。
そして、タイ王国です(バンコク)。2か月居て感じるのは、「バンコクっ子は英語あまり知らんよなあ」と言う事でしょうか(笑)。かなり単純(日本では中学1・2年レベルとかです)な単語を何度言っても理解できない事もあったので、平均値で言うと相当低いのだと思います。ただ、出来る方は相当出来るのもまた事実なので、標準偏差は高い(笑)。まあ、そして、英語を知らない方は、そのことを認めたうえで、「周りに質問をしに行く(英語を知ってる人を連れてくる)」と言う丁寧さがあります。ここは、英語力の問題よりも国民性や人柄の問題。
タイっ子、結構英語出来ません。どこかの調査で、日本人がタイに求める事、と言うランで、「英語」が結構上位に来ているのも良く解ります。で、この理由と日本人の英語力の事を色々と考えてみたのです。この事を言ってくれる人なかなか居ないので、貴重な洞察かなと。日本人の「カタカナ英語」、結構実は役立っているのではないかなと。カタカナであっても、英語がきちんと使われているので、分からないという類はないです。然し、タイ語には英語が殆ど入っていません。なので、本当に簡単な英単語を使っても理解してもらえない。私の発音が悪いとは思わないです。悪かったらネイティブやタイ人の英語の上手な人にも通じないはずなので。ですが通じます・・かなりの高い確率で英語はほぼ通じるので(95%くらい)、通じていない人は矢張り英語力が無い(=私の所為ではない)この、「英語力の無い人」とのコミュニケーションが「諦められる」のが、タイ・ベトナムの特徴だなと思いました。多分、中国とかもそうかしら。他もそうだよね、きっと。まあ、なので、カタカナ英語を馬鹿にする必要もないのだろうという気がしてきました。英語の土壌はしっかりしてる。あとは「勇気」だけなのだと思います。まあ、英語は皆さん「発展途上」なのだと思いますけどね(笑)
5か月間、対面での日本語を極端に避けてきたこともあるので、英語力は高まった事も確かにあるのでしょうが、それ以前に、英語力はあったのだろうなと思います。多分、私の特徴として、「書き言葉を重視していた」事が挙げられるのでしょう。アパッチ財団(The Apache Software Foundation)のコミッタとかやっていて、毎日十通以上も英語メール書いたりしていましたので。しかも一つ一つがとても長い。ネイティブさんとリアルタイムチャットをやっても、2倍くらいは早いかもしれないです。英語脳が育まれていれば、些細な「話し言葉」に於けるラグはすぐ吸収できるのだと思いました。
あとは、「カタカナ英語」(カナングリッシュw)を覚えまくっていた事が挙げられるのですよね。私、イミダスや現代用語の基礎知識の一番後ろに有る「カタカナ英語」を覚えるの好きでしたもの。なので、専門用語はかなり覚えていたりするのです。業界に関わらず知っている知識が多いのもそのため。学問横断も容易。

まあ、「日本の事を英語で言えた方が良い」みたいな事は良く言われるのだと思います。でも、私から言わせれば、そんな必要もないし、そんな場面に遭遇する事もありません。寧ろ、大事なのは、カタカナ英語であっても「言葉を大事にする事」と、「教養を高める事」、に尽きるのだと思います。
例えば、「コモロ出身のフランス育ちです」と自己紹介されたら、「モロニですか?」と聞き返すと喜ばれるでしょう。「大学生?何専攻してるの?」と聞き、「物理学です」と答えられたら、「Super String Theory位はかじったことある?」と再質問、とかね。マーケティングの仕事をしてる、と言われれば、「コトラーは読んだの?」とかさ。話のネタなんてのはどこにも転がっているし、私から言わせれば本当に会話のネタ探しなんぞは簡単。そう言えば、コンドミニアム(バンコク)のプールでロシア語らしい会話をしているのを聞いて、「Excuse me, Are you Russian?」「Yes」「Как Вас зовут?(カークバースザブート?)」「(かなり吃驚した表情で)ナターシャ」「スパシーバ、メニャザブートテツヤ」みたいな会話を平気でしましたが、そういうのも良いのでしょう。

日本人の英語レベルですが、私は悪いとは思わないです。「変換に時間がかかる人」が多いだけ。実力を出し切れていないだけなのではないかな?タイ人と会話していて、「カタカナ英語がある国とそういう類がない国とはこう違うんだな」と言う様なことを悟りました。日本人の「平均」は決して悪くないのだと思います。徴兵制度が無い国なのだし、お隣の国が頑張って「兵役」している間に、国家の義務で「一年間英語を覚える特訓期間」を国家権力で保証する様な制度を作りさえすれば、瞬く間に英語力アップすると思いますけど。英語合宿。アフリカのへき地でのNPO活動の一環で(笑)。あとは、世界史と専門(どういう専門であれ)を学ぶことは大事かな。日本史を学ぶ暇があるならイスラム史を学んだ方が良いです、「例えば」。

あと、これは強調しても良いかもしれませんが。。。「NOと言えない日本人」とかそういう事は考える必要もないです。解らんかったらNOではなく「NOT SURE」(わからん)でいいと思います。また、「SORRYと言ったら負け」とか、アホな事考える必要もないです。外国人は外国人です。どう逆立ちしても、英語のネイティブにはなれませんので、ネイティブさんはわかるのだし。ヨーロッパの方々とは、特にベトナムやタイでお会いしましたが、皆さんこなれていますね。ベトナムの国内旅行で数日一緒になった方々最高だったなあ。フランス系とオランダ系が妙に多いですね、東南アジア(笑)。___

posted image

2015-02-07 17:17:36 (0 comments, 1 reshares, 5 +1s)Open 

Must watch - Kimigayo Means - ??

Must watch - Kimigayo Means - ??___

2015-02-07 15:48:26 (0 comments, 0 reshares, 2 +1s)Open 

<社会にとって有害な努力論: ホリエモンの努力論の過ち>

久しぶりのアゴラ投稿になります。改めましてよろしくお願いいたします。当方、現在、東南アジア諸国を渡り歩いております。先週はラオス国を愉しんでおりました。

さて、近況ですが、最近、安達裕哉氏 の ブログに「ハマって」おります。 (参考: http://blog.tinect.jp/ )

直近に、
http://blog.tinect.jp/?p=11338
(エリート「がんばればみんなできる」 庶民「そんなことない」 という議論が平行線をたどっていたという話。)と言う新しいエントリーがあり、その中に、ホリエモン(オン・ザ・エッヂ社の代表取締役であった堀江貴文氏)の<努力論>が参照されており、展開されている内容を拝見して、これは私も展開できそうなものが有るだろうという事で、タイピングを始めました(笑)。
ラオス国(社会主義国家)にビザ関係の旅行中、周りの風景、子供たちの様子、ベトナムやタイとの違い、色々と考えていたのですが。アジアの国家には、社会主義国家が多いです。然し、「ビューロクラティズム」(官僚主義)による疲弊を誘発している国が数多いです。日本国も、もしかすると社会主義国家に近い設計を元々されていたのかもしれない、という仮説を立てるのであれば、社会が感じるであろう閉塞感の類は同じ処に存在するのではないかと考えるに至ります。
実は、フィリピンを除くアジア国家(特に東アジア、東南アジア)は、中華圏に元々あった事も... more »

<社会にとって有害な努力論: ホリエモンの努力論の過ち>

久しぶりのアゴラ投稿になります。改めましてよろしくお願いいたします。当方、現在、東南アジア諸国を渡り歩いております。先週はラオス国を愉しんでおりました。

さて、近況ですが、最近、安達裕哉氏 の ブログに「ハマって」おります。 (参考: http://blog.tinect.jp/ )

直近に、
http://blog.tinect.jp/?p=11338
(エリート「がんばればみんなできる」 庶民「そんなことない」 という議論が平行線をたどっていたという話。)
と言う新しいエントリーがあり、その中に、ホリエモン(オン・ザ・エッヂ社の代表取締役であった堀江貴文氏)の<努力論>が参照されており、展開されている内容を拝見して、これは私も展開できそうなものが有るだろうという事で、タイピングを始めました(笑)。

ラオス国(社会主義国家)にビザ関係の旅行中、周りの風景、子供たちの様子、ベトナムやタイとの違い、色々と考えていたのですが。アジアの国家には、社会主義国家が多いです。然し、「ビューロクラティズム」(官僚主義)による疲弊を誘発している国が数多いです。日本国も、もしかすると社会主義国家に近い設計を元々されていたのかもしれない、という仮説を立てるのであれば、社会が感じるであろう閉塞感の類は同じ処に存在するのではないかと考えるに至ります。

実は、フィリピンを除くアジア国家(特に東アジア、東南アジア)は、中華圏に元々あった事も有り、(或は影響を受けていた事も有り:特に科挙制)、きわめて同じ部類の「官僚主義」による弊害を有する確率が高かったりするのですよね。国民の気質の問題であり、制度の問題ではありません。

官僚主義的な「たこつぼ」と言うのは、「規則や前例、建前論を根拠に、画一的、形式的な対応をすること」に大体表現されております。大企業もほとんどがこのパターンです。

そして、この「官僚主義」を誘発しているのは、「秀才」型の人間ではないか、と言う仮説を立ててみる事にしました。

さて。実力や才能に合わせて、人間を3パターンに分類してみます。一つは、「天才」型。一つは「秀才」型。そして、「凡才」型。

数学的な表現を仮にしてみます。
天才型: y = a ^ x ( e.g. a = 2 : y は 2のx乗)
秀才型: y = x ^ 2 ( e.g. a = 2 : y は xの2乗)
凡才型: y = a * x ( e.g. a = 2 : y は 2×x)

実際は、秀才型曲線は、「中和曲線」(化学で習いましたよね?(笑))あたりをイメージすると実は妥当なのだろうと思います。凡才型は、飽和曲線(これも化学(笑))。

天才はインプット(0)が無くても、アウトプット(Y=1)を少なからず出してくれます。これは、仮設ではありますが、天才型曲線が指数関数であることからも容易に想像できるでしょう。秀才・凡才は、インプットがなければアウトプットがありません。

さて、ここで、ホリエモン論(笑)。実は、私は、過去、彼とお会いしています。正確に言えば、2000年5月末。技術コンサルティング契約をしていた南青山(港区)のイー・リサーチ社(尚、この会社はSBIの子会社になっています)に於いて。その当時、「エッヂ」と言う名前で、上場をしていたのもありましたが、「少なからず親のスネかじって東京大学に行ったのなら卒業くらいはして当たり前なのでは?銀杏並木を卒業式で親に見せて一緒に写真撮ってやるとか、そういう気概は持ってほしいものだよな。俺はその親孝行のためにと言う理由のみで、去年(1999年3月に私は東京大学法学部を卒業しています:孫泰蔵さんと同じ卒業年で、卒業式に一緒に行こうよと言ったら仕事が忙しいと言われてしまいました。・・・)卒業の際、マスプロ授業0参加(不参加)更新継続しながらも、必死こいてたんだよなあ。。。」と、かなり斜めで見ていたので、500万円の営業を仕掛けられましたが、やんわりとお断りさせて頂きました。
実は、この時の印象と言うのは、「この方は明らかな秀才タイプだな」と言う感じでした。秀才さんは東京大学に「イヤ」」と言うほどいますので、傾向(傾向と対策(笑))位は見抜けます。とは言え、訓練の結果だと思ったのですが、秀才の中でも情報処理のスピードは速い方でした。ここら辺は、 y = x ^ 2 が y = 2 * x ^ 2 になるかどうかの違いしかなく、相似形です(トポロジー的にも。位相幾何学じゃないですけど(笑)なんとなく・・・あくまで)。

天才と秀才は、見極めが極めて難しいのだろうと思います。何故かと言うと、ずる賢い秀才は天才である「フリ」をすることまで学んでしまうので。ここら辺は、「昔、神童、今なんとやら」辺りの<似非天才>クンを思い起こすと解るのかもしれないですね。神童さんは、学習スピードの「傾斜」が若干高かっただけで、それが成長すれば正常値に戻ります、と言うだけ。関数の形が根本的に違うわけではないのです。

線形タイプ(まあ、秀才型を厳密にはリニア関数として仮定してないのですが、リニアみたいだとここでは割り切って下さい。微分したらリニアなのですよ(笑))の場合、成長は「フォンノイマン型コンピュータ」の情報処理関数を使う事になります。一方の非線形(天才型)は、「量子コンピュータ型」の情報処理関数。フォンノイマン型は、「ポインタ」が大事です。情報はどこのノード、どこのページにあるか、と言う様な類。この「変換」を、堀江貴文氏は上手い、と言うただそれだけ。フォンノイマン型からの演繹です。「この情報は、あそこにあったよね」と言う表現は上手いと思いました。でも、まあ、いずれは(現行タイプのフォンノイマン型の)コンピュータがやってくれる類だろうなあ、と思ってたりはしました(笑)。

堀江氏: 努力はするのが当たり前。言うより先に自然とやるものだと思っています。仕事は結果重視なので、逆に出せなかったらはずかしいし、努力して失敗したらすごく悔しいです

努力して失敗して悔しがるのが秀才、天才さんは、努力を本当に意識しないのだと思いますので、悔しがったりもしません。「コン畜生」と思う前に、「楽しそうな結果を見たいために」という理由で問題(課題)に取り組むでしょう。

実は、私が尊敬する「天才さん」(東京大学にも居ましたし、京都大学等色んな大学に)は、総じて「努力」を考えない方々です。「やったら出来るのは当然」と言う軽い感覚でしょうか。「資格試験?楽しそうで受けてみたらうかっちゃったのん~(ウキウキ)」と言うタイプなども結構います。こういう方が、使命感を帯びて歴史に登場すれば、倒幕運動その他のモチベーションが生まれてくるのでしょう。

120%以上の実力を出し努力をした挙句に「ようやく」何かの職・ポジションに就いた人は、大体が秀才型です(或は凡才型)。そして、殆どと言っていいほど、「その見返り」を求めるために、改革の邪魔な分子になります。例えば、「弁護士になれば1000万円以上もらえる!オニャノコにモテモテ!(うっきー)と思うから、司法試験!」・・・「医者はモテるので医学部!」・・・みたいな人ほど、まともな弁護士や医師には成れていません。寧ろ「受けたら何気に受かっちゃったー(わーい)」みたいな人(私の周りに勿論沢山いますよ)であれば、そういう「野心」無いので、すぐに、社会が求めている真の「裁判官」や「検事」になったりしますしね。「実力以上の努力をすること」は「間違い」(社会的に言えば寧ろガンに近い)ではないかと思う事もたまにあります。メリトクラシー(実力主義)が破たんするのは、実は努力によってしか地位を確立出来なかった人によるものではないか(これが官僚主義に繋がっている)と言うのも、あながち穿った見方だけとは言えないと思います。(中華人民共和国などは特にそうかもなあ、と。社会主義国家でアジア型はもしかするとこれが極めて多いのかもしれません。資本主義(及び民主主義)国家であっても、似たような傾向は出て来ますかね) 結論を言えば、門地・身分による出世等を排除した「メリトクラシー」の為にもペーパーテストは不可欠だと思います。人物本位評価、と言う曖昧なやり方より数十倍マシです。しかし、「ペーパーテストのみに有効である社会的には無駄な努力」をしてしまうような<困ったちゃん>(=将来の保守化分子)が出てきてしまう可能性もあるので、適宜浄化するシステムは必要なのではないでしょうか。私なら、無能な弁護士に懲戒を与える為に、法哲学(ハンス・ケルゼン、ハーバート・ハート、ホセ・ヨンパルト等)の試験を定期的に導入し、ジャッジは(IT社会ですから)全国民に任せる、と言う様な司法運営を提案するでしょう、例えば。

標題に戻り、努力論。堀江貴文氏の言う「努力論」は、最終的に言えば、「秀才型からの秀才予備軍(凡才+秀才)に対する言葉」であって、天才さんとは何ら関係ない、と言う事でしょうか。現在の日本社会に必要なのは、秀才型の改革者ではなく、天才型の改革者です。そして、「天才を模倣した秀才」は世の中に驚くほどに多く、また世間に悪影響を与える「改革の反対者(要は老害)」に将来的になりさがってしまう可能性が経験則上極めて多いのだ、と言う事を、敢えてここで強調したいと思っております。良い車に乗る為、とか、毎日美味いものを食うため、とか、そういう下らない事でしか自分を鼓舞出来ない連中増えたから、<まがい物>を信奉する集団が増えているのでしょう。社会の為に成らない努力と言うのもあるのだ、と、そろそろ人類は悟ってもいいように思います。「あなたが東京大学を目指したおかげで、一人の優秀な人間が東京大学に入れなくなったのだ」と言うケースも多々あるでしょう。「東大生の親は金持ち」論( http://blogos.com/article/104947/ )も、突き詰めれば、高所得者層の家庭が横並び的に「無理に子供を<努力させた>」結果として、低所得者層にそもそも多くいてメリトクラシー的に救済されるべきであった「天才君」の入学する余地を排除した結果に他なりません。人類一人の無駄な努力は社会に有害な事もあるのです。資格試験であっても、公務員試験であっても、或は国立大学の試験であっても、「世間様」からの<信託>への答えです。才能と教養と学の無き者は天狗になってはイカン。

ここで、エリート論の再考を世間一般に促した上で、卓袱台もといキーボードをひっくりかえして、キーパンチを終わらせて頂きます(笑)。___

posted image

2015-02-07 00:39:34 (0 comments, 1 reshares, 4 +1s)Open 

(ビザ関係での)ラオス旅行のまとめを。
2月1日まで1か月エクステンドしていたのだけど、1月下旬にイミグレーションに行った際、「一回出国しないとダメですよ」みたいな事を言われて、なんじゃその制度は、と思いつつ、ま、実は隣国には行きたかったのもあるんで、ツアーを探してアプローチ。日本人専用は使うつもり一切なかったんで、安いチケット。プラカノンの会社に17:30についてゴニョゴニョしてからミニバスに乗り込む。私は何故か助手席。
エアコンがガンガンだったんで相当寒かったです。あのせいで風邪ひいたかもなあ。ベトナムに居た時もそう思ったけど、フランス系・オランダ系がやたら多いですね、東南アジア。後ろに居た女性をみてすぐフランス+オランダだと思ってしまった。結局聞いてないけど(笑)。
7-8時間くらい、ミニバスで揺られましたが、途中、給油を兼ねて3回セブンイレブンへ。最初の時、バスがどこに動いてくるのか解らず、ナンバープレート探しまくったりもしました。結局は「こっちこっち」と言われて事なきを得たのですが。異国ではぐれるのは危険。ウドンタニを経て国境へ。国境にもセブンイレブン。あれはもうかるビジネスだよね。因みに、そこの近くにトイレがあって、10バーツで用を足してください、と言う事でした。公共のトイレでお金徴収ですか、いいサービスかも(笑)。
陸路の出入国は初めてだったので若干緊張でした。「日本人と、ミャンマーと、フィリピノはこちら」みたいなジェスチャーをされて、素通りした場所とかもあったな。バス複数台でしたが、相当フィリピノ居ました。タイの大使館の前で数時間。朝っぱらは寒かったけど徐々に暖かくなってきました。タイ大使館の近くの店でラオスっ子が... more »

(ビザ関係での)ラオス旅行のまとめを。
2月1日まで1か月エクステンドしていたのだけど、1月下旬にイミグレーションに行った際、「一回出国しないとダメですよ」みたいな事を言われて、なんじゃその制度は、と思いつつ、ま、実は隣国には行きたかったのもあるんで、ツアーを探してアプローチ。日本人専用は使うつもり一切なかったんで、安いチケット。プラカノンの会社に17:30についてゴニョゴニョしてからミニバスに乗り込む。私は何故か助手席。
エアコンがガンガンだったんで相当寒かったです。あのせいで風邪ひいたかもなあ。
ベトナムに居た時もそう思ったけど、フランス系・オランダ系がやたら多いですね、東南アジア。後ろに居た女性をみてすぐフランス+オランダだと思ってしまった。結局聞いてないけど(笑)。
7-8時間くらい、ミニバスで揺られましたが、途中、給油を兼ねて3回セブンイレブンへ。最初の時、バスがどこに動いてくるのか解らず、ナンバープレート探しまくったりもしました。結局は「こっちこっち」と言われて事なきを得たのですが。異国ではぐれるのは危険。
ウドンタニを経て国境へ。国境にもセブンイレブン。あれはもうかるビジネスだよね。因みに、そこの近くにトイレがあって、10バーツで用を足してください、と言う事でした。公共のトイレでお金徴収ですか、いいサービスかも(笑)。
陸路の出入国は初めてだったので若干緊張でした。「日本人と、ミャンマーと、フィリピノはこちら」みたいなジェスチャーをされて、素通りした場所とかもあったな。バス複数台でしたが、相当フィリピノ居ました。
タイの大使館の前で数時間。朝っぱらは寒かったけど徐々に暖かくなってきました。タイ大使館の近くの店でラオスっ子が居たので戯れようとしたのだけど、どうも懐かない。怖がってた気がします。因みに、日本人らしきは複数いましたが、関与してません(笑)。皆さん、団体行動ですね。パスポートを取られたままでいいのかなあと思いつつ、まあ何かあったら連絡すればいいだけかと。(こういう処の知識が実は無い。事前に調べればいいのだろうけど、マニュアル男じゃないんで(笑))
ホテルに昼についてお食事。香港とフランスとデンマーク出身と一緒に。香港の女性は、最初日本人だと思った。フォークとスプーン使っていたので、「東アジアでは箸使うんじゃないの?(笑)」と聞きました。苦手なんです、とか言われてしまった。フランス出身の男性は、(後で知ったのだけど30代でレゲエとかやってるとかとか)コモロというアフリカの小さい国の出身でした。名前聞いて、「モロニ?」と条件反射で聞き返してしまった(笑)。相当吃驚した後ニコニコされましたね。まあ、ああいう小さい国の首都を知っている人などそんなにいません。1・2時間小休止してから外へ。
最初に目についたのは、大きな店。中に入ってみると、日本語ばかり。3-40年前の昭和を彷彿とさせるような品物ばかりです。「ん?なんじゃこれ?」と言う事で、写真撮った後に「ここのは全部日本製でしょ?」と尋ねてみました。英語が全く通じないので、タブレットで翻訳してタイ語に。タイ語は通じました(因みに、この時、インターネットは通じていません。グーグル翻訳はローカルキャッシュを参照してくれるので便利。ただ、ラオス語はDLしていないので使えなかった)。「はい、全部日本からの物です」と。多分、ボランティアの方々がラオスに送ったものでしょう。こういう社会貢献はいくつもあるよなあ、としんみりと。セブンイレブンが無い国とはホテルのフロントで聞いていたので、ミニマートを探してました。携帯SIMとパワーバンク用の充電(USBが欲しかった)。小学校とか色々回った後に漸く発見。購入後再び外へ。女の子(多分中学・高校レベル)が3人位入っていたレストランに行って、焼き鳥を頼んでから、半分食べて全部3人にあげました。ビックリされたけど(笑)。次に、アイスクリーム店。アイスクリームとチーズバーガー頼んで、アイスクリームを半分残した状態で8人いた従業員に向かって「Share!」と。自分たちがどういうものを提供しているのかを知る機会もないでしょう、なかなか。
道を歩いていて気付いたのだけど・・ラオスは男性優位の国ですね。フィリピンを知っているからかもしれないけど、男性がやたらと目立ちました。勿論、子供たちも多かったし、お母さんも多かったけど。あと、HONDAを含めて、型が相当古い。多分、ベトナムと一緒かなと思いました。タイとかは、「資本主義」原則があるんで、中古より新品、と言う発想にもなってるし、相当高いのは事実だけど・・。
ホテルに戻ってから、フロント前のパソコン(笑)。吃驚したのは、日本語IMEが入っていた事。しかもWindows8.1・・・。ライセンスはイシュー(発行)ていなかったけど、Windows8.1は吃驚したよ。東南アジアの公共の場所で初めてでか?と言う位に新鮮。
パソコンやってると、一人の男性が隣のパソコンに座って・・・なんか悪戦苦闘していた模様。「どうしたの?」と聞くと、ヤフーメールが見れない、とかとか。私、ヤフーメール使った事ないんで詳細知らないけど、12時間アクセス禁止、になっていた模様。他の人がクラッキングしかけた可能性もあるよね、と言う事で、明日の朝6時にもう一度試してみれば?と。そして、その時、「処で、貴方はオランダですか?」と聞いてしまった(笑)。「いえいえ、ドイツです。税金対策でXXX国に会社を持っていて、パタヤ等で不動産・ホテルをしています」と。私は18年だけど貴方は事業を始めて何年?と聞いてみると、「40年」とかとか・・。ひょえー。確かに年齢聞くと戦後間もない生まれなので、そんなもんです。こういう時には、「名刺頂いても宜しいですか?」と。結局、名刺貰った上に仲良くなってしまいました。これからメール打たねば・・。
夕食後、やる事も無かったんで、ホテルの真ん前にあった、「SPA」へ。英語が通じない(笑)。まあ、適当なタイ語使って中へ。フットマッサージとラオス式マッサージ。このマッサージが丁寧で妙に良かった。ラオス語で必死に色々語ってくるのだけど、ワケワカメだったしw、あと、しょっぱな「コリア?」って聞いてきたのですよね。まあいいけど。感情移入してしまって、途中はさておき、2時間後全部終了してから(ラオス式はタイマッサージと全く変わりないです)抱きしめてしまいました(と言っても、クッションかましてたけど)。邪魔が入ったけどね。監視カメラでもあったのかしらん?(笑) まあ、1時間延長するよという話はしたのだけど、眠たい、と言う事を言われたので。明日来てね、と言われたけど、「明日はバンコクに帰るよ」と。来て・来てとダダこねられたので、まあ、最終日行きましたよ、律儀に。彼女は居なかったけど(笑)。
ラオスのテレコムのSIMは買ったしロードもしたのだけど(TOP-UP)、全然タブレットが動きませんでした。ホテルのWiFiも全く使えず。パソコンも占有されていたので、部屋に戻って思索にふける事に。コンピュータが当たり前の世界で生活すると、じっくりと何かを考えたりすることも少なくなるからなあ。
最終日。朝食は、香港っ子と、ドイツの社長と一緒。
8時になってもSPAが空かなかったんで、街中を再度探索。市内の市場とかも見学しました。あの活気は久しぶりに見た。日本ではもう今では味わえない光景です。
9時45分になり、SPAへ。昨日の子は居なかった。。。違う子が受け付けてくれたのだけど、一応、「1時間250バーツのラオス式マッサージを1.5時間。400バーツ払うよ」と。タブレット翻訳大活躍(笑)。マッサージ、昨日と中身が違うんですが。まあいいやと思いウトウトと。どうやら、昨日ラオスビールを飲み過ぎて二日酔い(笑)。適当にマッサージをし返して(笑:女の子は本当に背中が小さいと思うわ・・)あげたりしながら仲良く1時間半過ぎて、会計。処が、40000Kipって書いてあるように見えたのだ。俺がいったのは400バーツなんだが・・。彼女英語全く出来ないんで、別の子が対応。どうやら、90000Kipと書いてたみたい。そして、「本来は1.5時間なので375バーツだけどね」と言う話もすると、400バーツ出したら40バーツかえしてきました。「それなら、これはTIP」と言う事で、施術をしてくれた女性にチップを渡して、はい、さよなら。と。彼女も、「コリア?」と最初聞いてきた。Japanと言うと、クエスチョンマーク。。。TOKYOでも解ってなかった。ふとした拍子に「イプン」と言ったら通じた(笑)。
ホテルについてすぐ支度をしてフロントに行くと、「皆はもうタイ大使館に行ってしまった」とのこと。え?パンフレット(日本語)にそんな事書いてないんだけど。取り敢えず、話をつけてくれたとのことだったので30分待つことに。待っても連絡なし。旅行会社にメールをしてその5分後位に漸くスタッフが迎えに来ました。10:30にみな出たんだよ、と。。。。「ランチは12時まで」と書いてあるのだから普通に見ればランチをホテルで取る、とみるのが普通だろう?とは思ったのだけど。まあ、しゃーない。別のホテルで一時的に待機して(フィリピノ軍団とかはそのホテルに泊まっていたらしい)、スタッフと共にタイ大使館へ。彼ら、皆さんのパスポートを丁寧に扱っていました。・・・やや不安(笑)。
友好橋を経て、国境。何度も迷ってしまう。と言うか、添乗員、少しは解りやすい説明の仕方をしてほしいのだけど。。。英語が聞き取りづらいうえに説明が丁寧じゃないのはいけないと思うよ・・・。迷いながら、タイ側の国境まで脱出。ここで、フィリピノ軍団と一緒になったので、「Are you Pinoy?」からはじまって、マシンガントークスタート。因みに、フィリピンにて免許証はとってあるんで、それを見せて「I AM FROM THE PHILIPPINES」と冗談をかましたりもした(笑)。赤いパスポートなんで見抜かれるわけだけど・・。タイにて英語を教えている教師らしく。皆さん、可愛いですね。フィリピノの特徴:「小さい」。皆さん小さかったです。娶りたくはないけどさ(笑)。男性に、「私たちの国を好きになってくれて誇りに思う」みたいな事は言われました。あと、可愛い子を指して「Gwapa」と言ったら(これ、セブアノ語です)、分かった人から順に笑ってくれました。
あとは、再び同じミニバスで帰路。後ろの子たちが、「CDをかけて」と運転手に言って、かけてみると、英語でタイを風刺したような曲だらけ。タイと言えばレディボーイ、なんだろうな。国際的にも。(笑)
バンコクに戻って、プラカノンの会社へ。コモロの男性とデンマークの男性が一緒になったんで、「タクシー乗らない?同じ方向だろうから」と。某駅まで乗って全員おろしました。全額はらったのだけどね。「我々の分は?」と聞かれたので、「安心してくれ、私は君の年の多分2倍(笑)」と。案の定二十歳でした。
最後は、コモロの彼(ラッパー)と屋台の飯食って終了。実は頭がガンガン痛かったんだけど。
と言うのが、一連のラオス旅行でした。日本人はあまりラオスには居ないですね。日本の会社もあった事は合ったけど皆無に等しい。___

2015-02-06 00:27:02 (7 comments, 0 reshares, 3 +1s)Open 

ビザの関係で、ラオス国のビエンチャンのホテルにいます。すごい、ここ、日本語IMEが入っていますよ。。。しかもMSで。Google IMEではなく。需要の関係?(笑)
さて、ラオスは初めてですが、日本の影響力が及んでいる国とは思いませんでした。美容系で、若干、韓国(というか、早い話、「少女時代」(笑))が入っているなと。ホテルの近くに、日本の物品専用の中古販売の店がありました。すぐ近くに小中学校。女の子たち、HONDAバイクをまたにして颯爽と運転しています。ここら辺を含めて、ベトナムに極めて近い雰囲気の国だなと思いました。経済的な影響力、文字等の影響力等はタイ王国、雰囲気等の影響力はベトナム、という感じの国ですね。もちろん、中国の影響力は東南アジアはどこでも強い。
ミニマートが主力の国でもあります。セブンイレブンないですね。ミニマートという表現は、シンガポールと同じかな。誰も指摘していないと思いますが、こことタイ王国あるいはベトナム国との最大... more »

ビザの関係で、ラオス国のビエンチャンのホテルにいます。すごい、ここ、日本語IMEが入っていますよ。。。しかもMSで。Google IMEではなく。需要の関係?(笑)
さて、ラオスは初めてですが、日本の影響力が及んでいる国とは思いませんでした。美容系で、若干、韓国(というか、早い話、「少女時代」(笑))が入っているなと。
ホテルの近くに、日本の物品専用の中古販売の店がありました。すぐ近くに小中学校。女の子たち、HONDAバイクをまたにして颯爽と運転しています。ここら辺を含めて、ベトナムに極めて近い雰囲気の国だなと思いました。経済的な影響力、文字等の影響力等はタイ王国、雰囲気等の影響力はベトナム、という感じの国ですね。もちろん、中国の影響力は東南アジアはどこでも強い。
ミニマートが主力の国でもあります。セブンイレブンないですね。ミニマートという表現は、シンガポールと同じかな。
誰も指摘していないと思いますが、こことタイ王国あるいはベトナム国との最大の違いは、最大都市であるビエンチャンですら、人であふれているわけでもないので、即席の屋台がほぼ存在しない点にあります。要はね、人口密度と家の空間がマッチしているのですよ。家は古臭いですが、家自体は大きいんで、家の中で堂々とビジネス(小売りやレストラン等)しています。ここは誇りにしてよいところかなと思いました。
国民一人当たりのGDPは1000ドル行かない貧しい国ですが、結構生き生きと生活がされているというイメージです。また来よう。(笑)
追記:アイスクリームを打ってるところで8人くらいバイトしていたんで、頼んだ後半分残して、「Share it!」って言いました。まあ、自分が売ってるアイスクリームをあじわうこともなかなかできないでしょうから。堂々と商売はすべきだと思う。自信をもって。v
ラオス語、まったくわからないんですが(笑)、昨日マッサージ(ラオス式と言うらしい。ほとんどタイマッサージ(笑))をしてくれた女性は、必死にラオス語でしゃべろうとしてきました。最後の方とか「わかんねええ」と私も日本語で応酬。。。幸せな国だなあと思いました。v
資本主義に毒されていない分、幸せだなあと思ったりもします。まあ、勤労意欲とかいろいろな問題もあるのでしょうが、「何故、真理の追究をするのか」とか、結構そういう類の純粋な人間欲みたいなものをきちんと織り込めれば、資本主義じゃなくても発展するのだろうなあ、という気はします。
ホテルの従業員も、なんか(言葉は悪くて申し訳ないですが)勤務中に歌を歌い始めたり、仕草がサルみたいだったり(というか、未開の場所から近代国家に行くとこういう仕草をするのだろうなあ、的な何か(笑))と、結構おかしかったりしました。幸せな場所だなあ、東南アジアv___

2015-02-04 01:02:11 (0 comments, 0 reshares, 4 +1s)Open 

Siam
Bangkok, Thailand.

Siam
Bangkok, Thailand.___

2015-02-03 13:14:01 (0 comments, 0 reshares, 3 +1s)Open 

We know that two Japanese persons were killed (Online video only says so) by some Muslim entities and activities, so called ISIS. I have these opinions shown below. First of all, speaking clearly, Japanese folks should shut up their mouths. Keep calm. Third party's issue, not your issue. There are a lot of things which you can not understand, because of the lack of accurate information, in the world - so, please do not tell anything which information were stem from unknown resources. I can not understand typical Japanese persons' behaviours which are akin to masturbation of pouring senseless opinions on the internet, depending on the others' attitudes only. ISIS is like a weird religion which was once called "Aum Shinrikyo (OHM)", originally came from Mahayana Buddhism and Japanese Buddism. You know that "Aum (OHM)" did Subway Sarin Gas Attack 20 years ago or around at Tokyo... more »

We know that two Japanese persons were killed (Online video only says so) by some Muslim entities and activities, so called ISIS. I have these opinions shown below. First of all, speaking clearly, Japanese folks should shut up their mouths. Keep calm. Third party's issue, not your issue. There are a lot of things which you can not understand, because of the lack of accurate information, in the world - so, please do not tell anything which information were stem from unknown resources. I can not understand typical Japanese persons' behaviours which are akin to masturbation of pouring senseless opinions on the internet, depending on the others' attitudes only. ISIS is like a weird religion which was once called "Aum Shinrikyo (OHM)", originally came from Mahayana Buddhism and Japanese Buddism. You know that "Aum (OHM)" did Subway Sarin Gas Attack 20 years ago or around at Tokyo Metro Subway. If Muslims might say, "All the Japanese persons and Buddhists are CRAZY because of Aum (OHM)" ,and then, all the Japanese and all the Buddhists will be got frustrated, as a matter of course, because it was a cult. You can just imagine how most of Muslims will think about ISIS, by considering about cult, Aum (OHM). From the time of Gulf War, I thought about Islam - actually from when I was a high school student. In my humble opinion, most of the Mid-East confrontations were originally derived from the history of old days of colonial, actually by Great Britain. I think that people should solve the problem by themselves, not depending upon other countries. However, we, the Japanese - (Thai people for example) - are mostly Buddhists. I think that Buddhists can do and give another best way to solve the issues of Islamic countries and Christian countries, by becoming independent and keeping fair / good position from both of them. I can not say that a religion which had caught (grab) the hearts of over billions of people's minds is a weird religion. As Buddhists, we can do a lot of things, in fair way, to the world - as one of populated and good religion like Islam, I believe. Hope peace.___

2015-02-03 12:43:54 (0 comments, 0 reshares, 1 +1s)Open 

ムスリムの新興勢力による様々な活動によって貴い命が奪われた(画像上)と言う事を聞いていますが、私は以下の見解を持っています。ハッキリ言えば、日本人は騒ぎすぎです。靜かにしてほしいと思います(ShutUp!)。第三者の事なのだし、当事者にしか解らない事の方が世の中には圧倒的に多いのだから、日々の仕事や勉強を頑張っていれば良いでしょう?しゃしゃり出た挙げ句に、自分の主義主張を他人と言う媒介に「依存しながら」自慰的な発言する意味が私には理解できないです。ムスリムの新興勢力は、分かりやすく言えば、大乗仏教や日本の仏教の「異端」であったオウム真理教の様なものです。もし、オウム... more »

ムスリムの新興勢力による様々な活動によって貴い命が奪われた(画像上)と言う事を聞いていますが、私は以下の見解を持っています。ハッキリ言えば、日本人は騒ぎすぎです。靜かにしてほしいと思います(Shut Up!)。第三者の事なのだし、当事者にしか解らない事の方が世の中には圧倒的に多いのだから、日々の仕事や勉強を頑張っていれば良いでしょう?しゃしゃり出た挙げ句に、自分の主義主張を他人と言う媒介に「依存しながら」自慰的な発言する意味が私には理解できないです。ムスリムの新興勢力は、分かりやすく言えば、大乗仏教や日本の仏教の「異端」であったオウム真理教の様なものです。もし、オウム真理教を指して、「仏教徒は<皆さん>頭がおかしい!」と、ムスリムの方々に名指しで言われたら、多分我々腹立たしく感じるでしょう。そういう卑近な例を持って、「相手の事・立場を考える」と言うのは大事だろうと思います。湾岸戦争の頃から、イスラム教の事は気になっていました、当時私は高校生でしたが、世界史を学ぼうと思ったのはそのことにも起因しています。ああいうのも結局(イラン・イラク戦争にせよ:他の中東戦争にせよ)昔の植民地支配(大体は英国です)が元となっているのですから、他の国を巻き込まずに、当事者だった国のみで解決すればいいのになあとは思う次第です。タイ王国も日本も、仏教を信じる方が沢山いる国です。イスラム教とキリスト教の戦いの中、どちらに与することもせず、国際社会(世界)に対して訴えられることは多くあると思います。私はキリスト教もイスラム教も同等に見ています。人口に膾炙した宗教にはやはりそれなりの理由はあるでしょう。異端なものが何十億の人間の心を何千年もの間「掴む」とは思えないです。仏教徒だからこそ出来る事は本当に数多いのだろうと思います。___

Buttons

A special service of CircleCount.com is the following button.

The button shows the number of followers you have directly in a small button. You can add this button to your website, like the +1-Button of Google or the Like-Button of Facebook.






You can add this button directly in your website. For more information about the CircleCount Buttons and the description how to add them to another page click here.

Tetsuya KitahataTwitterFacebookLinkedInCircloscope